<コラム>日本の常識は中国の非常識、中国ではあり得ないリコールの神対応

配信日時:2017年12月6日(水) 23時20分
日本の常識は中国では非常識、中国ではあり得ないリコールの神対応
画像ID  613778
中国では、リコールされる製品があってもメーカーが積極的に告知して欠陥商品を回収しようと努力するケースは極稀。欠陥商品を認めてしまうと、悪質な消費者から法外な要求をされることも考えられるためだ。写真は筆者提供。
2017年11月、来日して7年目の中国人KPさんは、ダイキンの空気清浄機のフィルターを交換しようと通販サイトにアクセス中に、7年前に購入した空気清浄機がリコール対象商品であることを知った。

そこでリコール受付センターに電話をかけ、空気清浄機を修理のため引き取りに来てくれることになった。その後(21日)、リコールセンター担当者からの連絡で、リコール対象カ所以外にも故障カ所が見つかり、修理が困難なため後継機種(新品)に交換してくれるとのこと。「乾燥しているので早めに空気清浄機を送ってください」とKPさんは頼んだ。

23日の朝、新しい後継機種の空気清浄機がヤマト運輸・宅急便で届いた。従来品と比べると大きくモデルチェンジされ、少しスリム。加湿のための水入れが小さくなり、従来品より格段に使いやすい。

中国では、リコールされる製品があっても、メーカーが積極的に告知して欠陥商品を回収しようと努力するケースは極稀。以前あった高速鉄道を地中に埋めてしまう行為に象徴されるように、ミスを認めず誤魔化そうとすることもある。

根底には、欠陥商品を認めてしまうと、悪質な消費者から法外な要求をされることも考えられることがある。メーカー、消費者の双方が疑心暗鬼に陥り、信頼関係が保ちにくい国民性もある。

世界的な空調メーカーであるダイキンは、アジアではブランド力が強く、家電メーカーとは違う基本性能の耐久性の高さで定評がある。リコールセンターの電話受付は24時間対応で親切丁寧だ。日本では常識的なことかもしれないが、中国を含めた新興国のメーカーではあり得ない、日本の「神的」な対応は安心の非常識だ。

■筆者プロフィール:LampangZ
1961年生まれ、東京出身。アジアでの体験談を中心に、どうしてこんな状況なんだろう、なぜなんだろうをお伝えします。アジアは不思議が詰まっています。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事