日本製は「偽物」の代名詞に変わるのか=日本メーカーの不祥事相次ぐ―中国紙

配信日時:2017年11月29日(水) 6時0分
日本製は「偽物」の代名詞に変わるのか―中国紙
画像ID  611882
27日、北京晨報は、日本の非鉄大手、三菱マテリアルや鉄鋼大手の神戸製鋼所など日本メーカーの不祥事が相次いでいることを受け、「日本製品は偽物の代名詞に変わるのか」とする記事を掲載した。
2017年11月27日、北京晨報は、日本の非鉄大手、三菱マテリアルや鉄鋼大手の神戸製鋼所など日本メーカーの不祥事が相次いでいることを受け、「日本製品は偽物の代名詞に変わるのか」とする記事を掲載した。

三菱マテリアルはこのほど、連結子会社2社が検査記録データを改ざんするなど不適切な行為により、品質が社内基準を満たさない「不適合品」を出荷していたと発表した。神戸製鋼もアルミ・銅製品の工場でデータ改ざんを行っており、役員が不正を知りつつ長年放置してきた事が発覚した。

記事は、「日本の製造業といえば『品質こそ命』、『完全な製品』の代名詞だったが、次々明るみになるスキャンダルは波紋を呼んでいる」とし、「東京の街角で道行く人に意見を聞くと、ほとんどが日本の製造業に何の希望も抱いていないことが分かった」と紹介。定年退職したある男性は、「時代にかかわらず、日本企業はこのような問題を抱えていた。企業のスキャンダルは誤ったことだが、いつの時代も起きること。私は別に気にしていない」と語ったという。

また、記事は経済専門家の話として、「日本の製造業には新しい波をつかむ力にかける。保守的でチャンスを失っている。反応が悪く、海外の同業他社に遅れを取っている」と指摘している。(翻訳・編集/大宮)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 第三者***** | (2017/11/30 01:54)

    だから在日を重要なポストに据えると、こういうことになるのが日本国民は解ってたはずなのに・・・。 企業のボードメンバー(経営幹部)にまで在日や帰化人を浸透させたのは、日本企業の敗北かもしれない。 政府やマスコミだけではなく、日本の名声の代表であった製造業、開発業も新たな反日(貶め)のターゲットになったことを自覚して、対処してほしいものだ。 次のターゲットはサービス業と思う。 中国人観光客からエせ免税店でのぼったくりはすでに始まっている。→「堕落した日本人」と報道されるだろう。  芸能界やスポーツ界では日本のダメージは少なくて逆に貢献してくれているので、まだ警鐘を鳴らす必要はないと思うけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2017/11/29 19:48)

    まあ全てが低品質の中華製は偽装、パクリ、なんでもOKだから問題にすらならないけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RRS***** | (2017/11/29 15:51)

    北京晨報サンお仕事ご苦労様。 ”日本メーカーの不祥事”を展開したくて 留学生か在日君にバイトを頼んだろうね。 ”「東京の街角で道行く人に意見を聞くと、 ほとんどが日本の製造業に何の希望も 抱いていないことが分かった」” 日本人はユメも、チボ~もないとの結論に 達したわけだ。 今度その鋭い突っ込みで、中国共産党の 不祥事をあばいたら尊敬する!!
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事