<中国人観光客が見た日本>道行く人からやたらとあいさつ、どうも慣れない…

配信日時:2017年12月2日(土) 12時20分
<中国人観光客が見た日本>道行く人からあいさつ、どうも慣れない…
画像ID  610595
22日、中国のポータルサイト・今日頭条に中国人観光客が静岡県を訪れた際の旅行記が掲載された。写真は静岡。
2017年11月22日、中国のポータルサイト・今日頭条に中国人観光客が静岡県を訪れた際の旅行記が掲載された。

静岡県について、「東京と大阪の間にある交通の要衝」とし、県内には富士山や愛鷹山、遠笠山などの山々があると紹介。ユネスコ世界文化遺産の構成資産で「日本新三景」のひとつでもある「三保の松原」を訪れ、多数の写真とともに旅の様子をつづっている。

筆者は三保の松原を「ここは心の底から好きだ」と絶賛。「富士山を間近に望む海岸を訪れると日ごろの悩みなど消し飛んでしまう」とし、「きっとまた何度も訪れるだろう」との思いを記している。

一方で、「歩いている間、まったくごみ箱がないことに驚いた」「ごみを出すと自分で持ち続けることになるから、移動中はずっとごみを出さないようにした」とし、三保の松原では通りすがりの人たちから次々にあいさつの声をかけられ、「何とも落ち着かなかった」と記している。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事