韓国・文在寅大統領の“謝罪”をベトナム国民はスルー?現地報道ゼロ=韓国ネット「無視された?」「でも謝罪したのは正しい」

配信日時:2017年11月16日(木) 12時40分
韓国・文在寅大統領の“謝罪”をベトナム国民はスルー?現地報道ゼロ
画像ID  606719
15日、韓国の文在寅大統領が、韓国のベトナム戦争派兵に関してベトナム国民に謝罪したとのニュースが韓国で大きな注目を集めたが、一方のベトナムではこれに関する報道が一切なされていないことが分かった。写真は韓国とベトナムの国旗。
2017年11月15日、就任後初めてベトナムを訪問した韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓国のベトナム戦争派兵に関してベトナム国民に謝罪をしていたことが韓国で報じられた。

「単独報道」としてこれを伝えた中央日報のインターネット記事は一時、韓国のポータルサイトの閲覧数上位に上がり、数千件のコメントを集めるなど韓国で大注目を浴びた。しかし同日午後、韓国でのこの「盛り上がり」とは対照的なベトナムでの受け止めについて、韓国日報が報じた。この韓国首脳からの謝罪について報じた現地メディアが、なんと皆無だったというのだ。

文大統領は11日、ベトナム・ホーチミン市で開かれた「ホーチミン・慶州(キョンジュ)世界文化エキスポ2017」の開幕式に寄せた映像による祝電の中で、「韓国はベトナムに『心の借り』を負っている」とし、「しかしながら今や、ベトナムと韓国は互いにとって最も重要な経済パートナーであり友人になった」と述べた。

この「心の借り」という表現が、ベトナム戦争への韓国軍派兵で発生した現地民間人の虐殺などに対する謝罪の意味を込めたものだといい、文氏や大統領府、外交部などが議論の末、今回の「謝罪」の表現・形式がこうしてまとまり実現したものだった。

韓国日報によれば、映像には英語・ベトナム語の字幕が付けられ、特に「心の借り」の意味についてはエキスポ組織委関係者からベトナム政府に事前に説明するなど、最もふさわしいベトナム語の表現を選ぶべく慎重なやりとりを重ねたという。また「非公式には、『心の借り』との表現についてベトナム政府から(組織委に)謝意が伝えられた」そうだ。

しかし15日現在、この「謝罪」について報じたベトナムメディアはゼロだという。これについて韓国のネットユーザーは、「わざと報じないのかな?」「無視された?」「存在感なし」「ベトナムは戦勝国だから当然報道しないさ」などの意見を寄せているが、「謝罪したのは正しい」「常識的な行動だ」など、謝罪については肯定的にみている人が多いようだ。(編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2017/11/19 09:10)

    謝罪っていうのは当事者に面と向かって「ごめんなさい」って言うことですよ。 韓国は心の借りを負っている、のどこが謝罪なんだ。具体的に誰が誰に何をしたのかを明確にして「ごめんなさい」と頭を下げなきゃわからないでしょう。頭は下げたの? そんな言葉でベトナムが謝罪したって報道するとでも思ってるのかよ。 寝言は寝てから言って下さい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2017/11/17 06:20)

    日本に要求するのと比べれば謝罪と呼べるものでは無い。本当の虐殺に対して何言ってんだか?これが韓国^^の見本だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2017/11/16 23:03)

    『心の借り』なんて中途半端な表現をするから報道されない。もっとはっきり『韓国はベトナムで虐殺しました』と言えば大きく報じられたろうが、その発言を根拠に賠償金を請求されたはずだ。いくら大統領でも『謝意は伝えたいが金は出したくない』は勝手すぎるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事