【動画】看護師にセクシーなダンスを強要、韓国の大学病院の“パワハラ”イベントが物議

配信日時:2017年11月14日(火) 22時10分
13日、韓国のある大学病院の看護師が「不当な待遇を受けている」と主張する映像を公開し、波紋が広がっている。
2017年11月13日、韓国のある大学病院の看護師が「不当な待遇を受けている」と主張する映像を公開し、波紋が広がっている。

韓国のインターネット上にこのほど、韓国のソンシム病院で行われたイベントで多数の女性たちが露出度の高い衣装を着てステージに上がり、ダンスを披露する映像が掲載された。

映像の掲載者は「病院の構成員の中で看護師の数が最も多い割合を占めているため、ソンシム病院ではあらゆるイベントに必ず看護師を参加させる」と説明し、「特技自慢大会に参加するため、看護師たちは1カ月にわたってつらい練習をしなければならなかった。午前6時半から午後3〜4時までの厳しい勤務を終えた後、夜遅い時間まで続く練習への参加を強要された」と明らかにした。

その上で「大学病院が看護師に特技自慢大会への参加を強要し、露出度の高い服を着てセクシーな表情をさせるのはおかしい」と主張。また、同掲載者は同病院の給与の未払いや不当な夜勤手当などの問題についても指摘している。

この映像を見た韓国のネットユーザーからは「信じられない。韓国の看護師たちが海外で働きたがる理由だ」「看護師を雇ったの?それともダンサーを雇ったの?」「ただでさえ大変な仕事をしているのに、ダンスの練習まで強要?」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/堂本
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ste***** | (2017/11/15 02:07)

    根底にあるのは「女性蔑視という名の差別主義」。 日本でも封建時代までは女性が「道具」として使われていた歴史がある。 朝鮮半島でも宗主国への貢物━━それこそ「物」として毎年のように若い女性が中国に送られていたという歴史がある。 政略結婚というならまだしも、完全に女性の人間性が否定された社会が地球上いたる所で存在してきたのも事実だろう。 要は、精神の近代化によって、性によらない「人間の尊厳」を全ての人間に認めるようになれたか、なれていないか、の違いであろう。 日本では「戦後強くなったのは女性と靴下」なんて言われてた時代もあったし、今や男なんて女性の足元にひれ伏す下僕に成り下がっているかのようでさえある。 良いのか、悪いのか・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事