<コラム>李香蘭、蘇州夜曲のロケ地探訪

配信日時:2017年11月11日(土) 0時0分
<コラム>李香蘭、蘇州夜曲のロケ地探訪
画像ID  601762
李香蘭こと山口淑子が2014年に逝去して3年になる。李香蘭が長谷川一夫と映画「支那の夜」で共演して、名曲「蘇州夜曲」を世に知らしめた場所が蘇州駅から西方向3キロメートルにあたる「虎丘」で、ここがロケ地となった。写真は筆者提供。
李香蘭こと山口淑子(1920年2月12日〜2014年9月7日)が2014年に逝去して3年になる。94歳であった。中国政府は異例の公表をしたが、ちょうど尖閣問題で日中関係が何かとギクシャクした時期であり、短い文書であった。日本人である李香蘭が、長谷川一夫と映画「支那の夜」で共演して、名曲「蘇州夜曲」を世に知らしめた場所が蘇州駅から西方向3キロメートルにあたる「虎丘」で、ここがロケ地となった。これにより、日本人が多く知る「水の蘇州」のイメージが出来上がったのだ。

「支那の夜」は昭和15年(1940年)に上映され、李香蘭20歳の時であった。この映画のラストシーンである小橋(写真1)の上で再会して抱擁する二人、その右奥に宋代961年に建立された虎丘雲岩寺塔(写真2)が見えるこの小橋がどこなのか、筆者にとって最大の関心事であり、この小橋を探索した旅でもあった。

映画のシーンに沿って、二人の蘇州での行程をたどってみた。まずは馬車で虎丘に向かうが、途中に白壁の道を通る。留園か西園の壁かもしれない。川縁にやってきた2人、長谷川一夫がタバコをとりだし、李香蘭が火を付ける。その右に橋が見える。失意に落ちた李香蘭がラスト近くにも訪れる所でもある。ここは、単純には虎丘に入る橋と思われる。現在もある入口前のアーチ橋は最近作られたようで、当時からあった橋ではない。ただ西園の近くにある上津橋は当時からもある橋だ。

虎丘山門入口に二人は向かうが、土産売りの子どもたちに囲まれる。この辺りが、現在は入園券切符売り場辺り、今は両サイドに建物が繋がり、木々で囲まれた街路であったとは想像も付かない。当時の写真2からみると山門以外は何もないのだ。

虎丘の中、李香蘭が神様に「この幸福がいつまでも続くように」とお祈りする。二人が立ち止った場所、背景に見える尖った屋根の四阿(あずまや)や祠(ほこら)が見える。李香蘭がつぶやく「この幸せは夢でなくて欲しい」、寒山寺の鐘が大きく聞こえるが、3キロメートルも離れて聞こえるはずがない。次は二人が「記念写真撮影」をした虎丘剣池のアーチの上での場面、ここは現在もそのままだ。

ここから、蘇州夜曲の一番が流れ、李香蘭が歌う。「き〜み〜が〜みむね〜に〜」と歌が始まり、雰囲気をもりあげる。二重の屋根で六角形の窓という特徴的な場所、ここは南に2キロメートル離れた西園戒幢律寺「湖心亭:写真3」である。次に坂を下りながら三番の歌が流れる。長谷川一夫は桃の花を乱暴に手折り、李香蘭に渡し供に歩く。「か〜み〜にかざろうか…き〜み〜が〜たおり〜し桃の花…」。散策していた2人が足を止めて眺める七重の塔、最後に「鐘〜が鳴ります寒山寺〜」と歌うが、そこに写る七重の塔は寒山寺でなく、何故か蘇州駅近くの報恩寺塔(北寺塔: 写真4)である。

西条八十の作詞の「蘇州夜曲」の一番・三番を李香蘭が歌うが、その中に「すすり泣く柳と涙ぐむおぼろ月」と擬人化された脇役が存在するのも興味深い。坂を下り湖畔(右が池で、左が林の丘)を散策する場面があるが、平地の多い蘇州のどこになるのかと虎丘周辺以外に定園や南の何山園あたりを探索したが、同じ地形はなく、日本が撮影場所だったと思われる。

穏やかな日差しの中、長谷川一夫が寝そべり、小ぶりのアーチ橋が架かった向こう岸で李香蘭が花を摘んでいる。ラストでも登場するこの小橋、背景に上述の虎丘塔が見え、虎丘の周囲を巡る水路上で、虎丘塔の東南方向に当たる場所は、虎丘観光地内の「塔影橋:写真5」しか考えられない。疑問が残るのは、長谷川一夫が寝そべった対岸に石の牌門が二つ見えることである。対岸には現在そのような痕跡は見られず、現在石牌が有るのはやや南方向になるが、上塘河に沿った五人墓(三山村)辺りであるが、やや距離がある。写真6は、ロケ地と思われる虎丘公園の当時と現在の写真を並べたものだ。

■筆者プロフィール:工藤和直
1953年、宮崎市生まれ。韓国で電子技術を教えていたことが認められ、2001年2月、韓国電子産業振興会より電子産業大賞受賞。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事