東京国際映画祭で中国上映作品リストが発表

配信日時:2017年10月13日(金) 17時50分
画像ID 
第30回東京国際映画祭のラインナップがこのほど出揃い、中国語映画14作品が上映されることになった。俳優の段奕宏(ドアン・イーホン)や女優の江一燕(ジャン・イーイェン)が主演を務める犯罪・サスペンス映画「迫り来る嵐(原題:暴雪将至)」は、中国語映画の中で唯一コンペティション部門にノミネートされた作品としてグランプリを狙う。大衆網が報じた。

「アジアの未来」部門には、周子陽(チョウ・ズーヤン)監督の「老いた野獣(原題:老獣)」や鄭毅(チョン・イー)監督の「ソウル・イン(原題:花花世界霊魂客)」、台湾地区の王育麟(ワン・ユーリン)監督の「アリフ、ザ・プリン(セ)ス(原題:阿莉芙)」などがノミネートされた。その他、特別上映作品として、「空海―KU-KAI―(原題:妖猫伝)」、「こんなはずじゃなかった!(原題:喜歡■、■はにんべんに尓)」なども上映される。

同映画祭は10月25日から11月3日まで開催され、中国の女優・監督で有名な趙薇(ヴィッキー・チャオ)がコンペティション部門の審査委員を務める。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事