コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

魅力的な都道府県、9年連続1位になったのは?―中国メディア

配信日時:2017年10月13日(金) 13時40分
魅力的な都道府県、9年連続1位になったのは?
画像ID  582329
13日、中国メディアの環球時報は台湾メディアの報道を引用し、日本の魅力的な都道府県ランキングの結果について伝えた。写真は富良野。
2017年10月13日、中国メディアの環球時報は台湾メディアの報道を引用し、日本の魅力的な都道府県ランキングの結果について伝えた。

ブランド総合研究所が10日に公表した地域ブランド調査2017によると、都道府県の魅力度ランキングで北海道が9年連続の1位となった。最下位は茨城県で、こちらは5年連続のワースト1位となった。

北海道は、2013年以降ポイントが下降傾向だったが、2017年は2016年と比べて6.1ポイント上昇。47都道府県の中で最も高い上昇幅となった。北海道は、観光意欲度、産品購入意欲度で1位となり、居住意欲度でも3位となった。

一方、最下位となった茨城県は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の撮影地となり、牛久市出身の稀勢の里が横綱に昇進し、鹿島アントラーズが2016年に優勝するなどがあったものの、最下位脱出には至らなかった。

このほか、市町村別では京都市が1位となり2013年以来2度目の1位となった。2位は函館市、3位は札幌市となった。京都市は認知度が高く、魅力度のほかに観光意欲度で2位、居住意欲度で3位だった。

過去10年の調査結果を見ると、京都市、函館市、札幌市が上位3位を独占している。2017年の調査では、仙台市や広島市、福岡市などの地方の中核都市の評価が上昇傾向にあった。しかし、今年7月に世界文化遺産登録が決定した福岡県の宗像市、福津市は情報接触度が過去の登録地ほど上昇しなかった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する