スマートグリッドの雷防護システムを開発

配信日時:2017年10月13日(金) 12時0分
画像ID 
国家電網江蘇省公司が11日に発表した情報によると、ブラジルのナタールで開催中の第14回国際雷防護国際シンポジウム(SIPDA)において、同社の「スマートグリッド動的雷防護システム」が「科学技術成果賞」を受賞した。同技術により雷による停電の損失を、現在の80%以上減らすことができるという。科技日報が伝えた。

国家電網蘇州供電公司が今年5月、同システムを正式に導入した。未来の気候変動に対応するスマートグリッド動的雷防護モードを初めて系統的に実現し、雷防護を伝統的な「受動モード」から「自主モード」に切り替えた。

同システムプロジェクト責任者、蘇州供電公司高級エンジニアの蔡雲峰氏は「動的雷防護システムにより、落雷中の送電網の運行リスクを下げ、給電の信頼性を高めることができる。雷による停電の損失を、現在の80%以上減らせるはずだ。同システムの雷観測範囲は1万平方キロメートル以上に達し、有効保護範囲は1000平方キロメートルに達する。総合性能・指標は国内外の既存の水準を大きく上回っている」と説明した。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事