著名観光地にまた落書き、中国語に混じって日本語や韓国語も―中国

配信日時:2017年10月12日(木) 11時50分
著名観光地にまた落書き、中国語に混じって日本語や韓国語も―中国
画像ID  582072
11日、瀟湘晨報によると、中国の四大書院に数えられる岳麓書院で観光客のマナー違反が問題視されている。
2017年10月11日、瀟湘晨報によると、中国の四大書院に数えられる岳麓書院(湖南省長沙市)で観光客のマナー違反が問題視されている。

同紙がネットユーザーの投稿として取り上げたのは、岳麓書院の竹林に観光客が刻んでいった数々の文字。「○○、ここに参上」や「○○の願いが叶いますように」「○○の平安な生活を祈ります」などの文字が見られ、中には日本語や韓国語の文字もあったという。

記事によると、投稿者は「文化の聖地をこんな風に汚すなんて…」とコメントしており、岳麓書院を訪れていたある観光客も「自分なら絶対にこんなことはしない」。竹林に文字を刻むというマナー違反はこれまでも数回報じられてきたが、依然なくならないという。(翻訳・編集/野谷
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<