コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<コラム>中国人夫が知らない中国、「近所付き合い」にビックリ!?

配信日時:2017年10月12日(木) 15時10分
<コラム>中国人夫が知らない中国、「近所付き合い」にビックリ!?
画像ID  581850
先日、中国の友達とwechat(中国のスカイプのようなSNS)でテレビ電話をしていたら、知らないおばさんが急に画面に割り込んで来た。写真は上海。
先日、中国の友達とWeChat(中国のスカイプのようなSNS)でテレビ電話をしていたら、知らないおばさんが急に画面に割り込んで来た。友達とは随分親しげな雰囲気で「今日何してたの?ご飯食べた?」などと会話している。友達が「今、日本の友達と話してるから」と言うとおばさんは「わっはっはっ」と豪快に笑いながら去って行った。

「お母さん?親戚のおばさん?」と聞くとなんと「ただの隣の人」だと言う。その友達は上海に住んでいるのだが、私は上海の都会でそんな濃密なご近所関係がまだ存在しているものかと驚いた。というのも、中国の福建省の片田舎で育った夫はいつも「上海とか北京とかの都会の人は冷たい。近所の付き合いもないし、悪い人がいっぱいいる」とビビっていたのだ。ちなみに夫は中国人だが北京に行ったことがない。上海は乗り継ぎで空港に寄ったことだけある。

友達に「中国上海大媽」(中国上海のおばちゃん)について聞いてみた。なんでも、料理の出来ない独身の友達(女性)を気遣って、料理を教えてくれているらしい(上海のおばちゃんは料理のお裾分けでなく、作り方を教えてくれるのだ)。隣のアパートに住んでいるので、ちょくちょく顔を合わせたり、時には大きな声で遠くから話しかけられたりするらしい。夫は、都会の人は近所の人と話さないという典型的な大都市のイメージを頑なに信じていた。

夫の第一言語はビン南語だ。よく「中国の難しい方言ランキング」などの動画を観ると必ず上位に上がってくるし、「中国国内の方言を比較してみた」などの動画でもビン南語は周りの中国人に「一語も聞き取れないんだけど!」と言われている。ビン南語は中国人からしても外国語のように理解できない言語なのだ。

ただ逆に言えば、夫からしても中国語は学校や家庭で一生懸命勉強しなければいけない第二言語だった。今夫の中国語(普通語)はネイティブレベルで使いこなすのに何の不自由もないが、上海・北京・ハルビンなど遠く離れた大都市はまさに「外国」のような存在なのだ。

夫はまぎれもない「中国人」だが、時に中国について私よりも知らない。私よりも偏見を持っている。先ほどのエピソードの件もそうだ。「上海の人」と言っても地方から出てきた人もいるし、生まれも育ちも上海の人もいる。外国人も多いだろう。

「上海の人」だから冷たいとか、人との関わりが少ないとか、それは一部事実であって絶対ではない。日本でも自分の知らない土地に対して「○○の人は冷たい」などと言うこともあるが、それと同じことだ。夫も今回の件で「へぇ〜上海ってそんな感じなのか〜」と新たな発見をした。私はいつも夫を通じて中国を知る。夫も時に私を通じて中国を知るのだった。

■筆者プロフィール:むらさわりこ
1989年日本生まれ。22歳の時に2歳年上の福建省出身の中国人男性と結婚。英語を独学で習得後、英会話講師として働く傍ら中国のテレビなどを通し中国語も独学で習得。趣味は語学と読書。図書館があまりに好きで毎週通っている。結婚前はベトナム、ニュージーランド、モンゴル、カナダ、ラオス、フランスなど様々な国を一人で渡り歩く。自分のやりたい事や面白い事に国境や言葉の壁は関係ないと考えている。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する