コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

安倍首相と小池氏、憲法改正では「まるで夫婦のよう」―華字紙

配信日時:2017年10月10日(火) 18時20分
安倍首相と小池氏、憲法改正では「まるで夫婦のよう」―華字紙
画像ID  581713
9日、中国新聞網は、衆院選の公示前に行われた各政党の党首討論で、主に憲法改正に関する論戦が繰り広げられたとする、シンガポールメディアの報道を伝えた。資料写真。
2017年10月9日、シンガポール華字紙・聯合早報は、衆院選の公示前に行われた各政党の党首討論で、主に憲法改正に関する論戦が繰り広げられたと伝えた。

10日の衆院選公示を控えた8日に日本記者クラブ主催の党首討論会が開催され、自民党、公明党、希望の党、立憲民主党、日本共産党、社民党、日本維新の会、こころの党の8党首が出席した。

論戦では保守派の自民党、希望の党、維新の党、こころの党が改憲の必要性を訴え、安倍晋三首相は「朝鮮半島情勢の下、安保法制は自衛隊と米国の協力をより緊密化させた。平和憲法に自衛隊についての明記を行えば、自衛隊が将来米軍の活動に参加する際、不必要な制限が生じるのを防げる」「追加する内容は政党間で協議していく。そして日本の国防は文官の統治を受けることを明記する」と語ったという。

また、記事は希望の党の小池百合子都知事が「時に応じて改憲するのは当然」と応じたことに触れ、「小池都知事は稲田朋美防衛相の問題に関連して『透明性には留意すべき』と安倍首相に提起こそしたものの、総じて両者は改憲という点において対峙することなく、夫婦のような仲睦まじさまで垣間見えた」と評している。

そして、両党首の主張に対して立憲民主党、日本共産党、社民党が反旗を翻し、志位和夫共産党委員長が「自衛隊の条文を憲法に盛り込むことは、事実上平和憲法の精神を封殺し、自衛隊を無制限に海外で武力行使できるようにするもの」と論じたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • roc***** | (2017/10/11 14:07)

    安倍と小池は憲法と軍事は一緒。勝利税と原発は対立。 日本の憲法はアメリカのHague国際法律違反と人種差別の元で作られた植民地支配憲法であり平和憲法じゃない。警察も武器は持てないし自衛隊もだめ。だが今まで偽解釈で放置せれてきた。反日マスゴミは憲法改正は戦争憲法と嘘を言う。GHQの洗脳と長時間の平和で日本人はお花畑。 戦後GHQは日本のメディア/学校をコントロールし“War Guilt Information Program”洗脳で連合国の悪はかくし捏造で日本を貶めた。朝鮮を独立させたアメリカに感謝。 kei7777.wordpress.com 反日な中韓国は捏造で日本を貶め日本の島・EEZを狙う。慰安売春婦は朝鮮人オーナー買収宿で稼いだ。ハルモニは嘘強制連行言って年金の10倍貰う。募金は北団体に行くし反日にも使う。 併合は植民地ではない。暮し・治安が良くなった;給料;近代化;学校;。。。他
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する