コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<体操>世界選手権、2歳で米国人の養子「元中国人」が女子総合制す―中国メディア

配信日時:2017年10月8日(日) 17時20分
体操世界選手権、2歳で米国人の養子「元中国人」が女子総合制す
画像ID  581540
7日、捜狐網は、体操の世界選手権の女子総合で、中国出身ながら米国人の養子となったモーガン・ハードについて取り上げた。写真中央がハード。
2017年10月7日、捜狐網は、体の操世界選手権の女子総合で、中国出身ながら米国人の養子となったモーガン・ハードについて取り上げた。

カナダ・モントリオールで開催されている体操の世界選手権は6日、女子個人総合決勝が行われた。

金メダルを獲得したのは米国のモーガン・ハード(16)。メガネをかけて演技するニュースターの誕生を各国メディアは大々的に伝えている。

ハード選は中国で生まれたが、親に捨てられ孤児となり、2歳の時に米国人の養子となった。スケート、野球サッカーなどさまざまなスポーツを経験したが、体の小さな彼女が最終的に選んだのは体操だった。15歳時点で身長135センチという小さな体にばねと柔軟性が備わっていた。体操にはきわめて有利な条件を備えていた。

16歳を迎え、初めての世界選手権で金メダルという最高の結果を出したハード。2020年の東京五輪に向けて最高のスタートを切った。(翻訳・編集/増田聡太郎
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する