コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

米ラスベガスの銃乱射に遭遇した中国人観光客、「テーブルの下は隠れる人でいっぱいだった」―中国紙

配信日時:2017年10月3日(火) 14時0分
米銃乱射に遭遇した中国人、「テーブルの下は隠れる人でいっぱい」
画像ID  580702
3日、銭江晩報などは米ラスベガスの銃乱射事件に遭遇した中国人観光客の当時の状況を伝えた。写真はラスベガス。
2017年10月3日、銭江晩報などは米ラスベガスの銃乱射事件に遭遇した中国人観光客の当時の状況を伝えた。現地時間1日夜に起きたこの事件で、死者は少なくとも59人と伝えられている。環球時報によると、同2日午前8時の段階で中国人が死傷したとの報告は入っていないもようだ。

銭江晩報が掲載したのは、浙江省杭州市から同僚らと現地を訪れていた男性の体験談。現場近くの商業施設にいたところ、突然大勢の人がホテルの中に駆け込むのが見えたという。そこで男性も一緒にいた同僚と商業施設の上層階にあるホテルへと避難。途中で3人の同僚と合流し、中には安心して泣き出した女性もいたそうだ。

男性らはこのホテルに部屋を取っておらず、偶然出会ったグアテマラ人の部屋に入れてもらい一夜を明かした。午前4時ごろに他の同僚が泊まっている隣のホテルに移ったが、現場封鎖のため車で10分ほどの場所にある別の同僚のホテルには行けなかったという。

また、別の中国人男性はSNSに「罪のない命が無情な弾に撃たれるのを目の当たりにし、祖国や故郷の素晴らしさが突然思い浮かんだ」などと投稿。封面新聞も現場から約3キロ離れた場所にいた中国人観光客が「たくさんの人が逃げ回っていて、店のテーブルや椅子の下は人でいっぱいだった。本当に恐ろしかった」「当時は家に帰りたいという思いしかなかった」などとコメントしたことを伝えている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/10/05 13:22)

    このような恐ろしい事件が起きてもアメリカで銃規制が進まないのを日本人は不思議がるが、日本人は決してアメリカ人を嗤うことはできない。アメリカのこの構図は日本で憲法9条の改正ができないのと全く同じ構図だからだ。アメリカで銃の規制ができないのは、国民の生命自由財産を守るのは自分自身でありそのためには銃が不可欠と考える人が多数いるからである。これに対し日本で憲法9条の改正ができないのは、国民の生命自由財産を守るのは平和であり、そのためには相手に脅威を与えない様非武装であることが不可欠とかなりの国民が考えるからである。銃規制反対派アメリカ人も護憲派日本人も、その方向性こそ真逆であるものの、共に客観的にかつ冷静に考えれば自分たちの考えがまさに国民の生命自由財産を直接の危険に晒していることが分かっていないという点で同じ穴のむじななのである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ぷっぷ***** | (2017/10/03 14:27)

    アメリカは銃乱射で殺人、中国は工場廃液垂れ流しで殺人。 どちらも怖いな。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する