「日本が研究目的と称してクジラ177頭を捕殺」、中国メディアが批判的に報じる

配信日時:2017年9月28日(木) 15時10分
「日本がクジラ177頭を捕殺」、中国メディアが批判的に報じる
画像ID  580179
27日、中国新聞網は「日本で今年177頭のクジラが研究目的と称して捕殺された」と報じた。資料写真。
2017年9月27日、中国新聞網は「日本で今年177頭のクジラが研究目的と称して捕殺された」と報じた。

記事は「日本の関連当局が発表した文書によれば、日本鯨類研究所が6月14日から太平洋の北西海域で3隻の漁船を使用して、イワシクジラ134頭、ミンククジラ43頭の捕殺を行った。捕鯨の目的は、胃を解剖して当該海域に生息する生物の種類や数を分析することで、国際捕鯨委員会に報告書が提出される。日本側は、この研究が日本沿岸海域におけるミンククジラ捕獲割り当て数を決めるうえで役に立つと称している」と報じた。

また「日本による研究目的の捕鯨は国際的な動物保護団体から批判を受け続けてきた。研究目的と称しながら、鯨肉が商店やレストランに日常的に出回っている」と批判的に伝えている。

人民網も仏AFP通信の報道を引用して、「今回の捕鯨活動に動物愛護関係者が激怒した。日本は国際捕鯨取締条約の締約国でありながら、長期にわたり研究という名分で商業捕鯨活動を続けてきた。日本は世界のクジラ生息数が商業捕獲可能なレベルにあることを証明しようとしているが、日本国内のクジラ需要は大幅に低下しており、捕鯨の経済的な意味については疑問だ」と伝えている。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2017/09/29 07:39)

    文革では5000万人を虐殺し、天安門事件では民主化を求める市民数万人を虐殺し、チベット騒乱では130万人を虐殺し、ウイグル騒乱では3000人近くを虐殺し、法輪功弾圧では数万人を投獄して拷問と生きたままの臓器狩りなど人間の所業とはとうてい思えないようなことを平気で今でもやっている中国。 そんな国が177頭の捕鯨を問題化?鯨の命は人間の命より重いようですね。笑っちゃいます。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2017/09/28 17:50)

    日本は14年度以降に調査捕鯨として年間217頭を捕獲する事が認められているので問題無し 更に商業捕鯨を再開するために約100頭増やし17年度から12年間やりますと申請してるのよ! それと責めるなら韓国だよ! 下にも書かれてるが、韓国は定置網漁をしていたら偶々クジラが掛かってしまったと言っては乱獲してるんだよ! しかも国が定置網などで混獲されたクジラや座礁鯨の鯨肉を流通出来る許可までしてるの!! クジラが掛かっても破れない定置網って……あざとすぎるやろ、しかも日本と違って肉しか取らないって、最低すぎるだろ、しかも死肉まで流通させてるし
    このコメントは非表示に設定されています。
  • dm2***** | (2017/09/28 15:47)

    世界の捕鯨大国は韓国です、実績として日本の数倍も捕鯨し、商業流通しています。 とは言え、日本が調査の為に税金を使い、市場も殆どなく、世界からは批判される捕鯨を続ける意味については、誰もが首を傾げることも事実です。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事