ソウル市が慰安婦コンテンツ公募展を開催、大賞のフランス人の作品に韓国ネットから不満が噴出した理由とは?

配信日時:2017年9月27日(水) 8時10分
ソウルの慰安婦コンテンツ公募展、大賞のフランス人の作品に不満の声
画像ID  579996
25日、韓国メディアによると、韓国・ソウル市が開催した慰安婦コンテンツの公募展でフランス人女性のアナベル・ゴドーさんが大賞を受賞した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウルの慰安婦少女像。
2017年9月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・ソウル市が開催した慰安婦コンテンツの公募展でフランス人女性のアナベル・ゴドーさんが大賞を受賞した。

ソウル市は同日、慰安婦コンテンツ公募展の優秀作品15点を先月23日に選定し、賞を授与したと明らかにした。今回の公募展は、慰安婦関連資料のユネスコ世界記憶遺産への登録を応援するという趣旨で企画された。公募展には映像、漫画など74点の作品が寄せられたという。

大賞を受賞したゴドーさんの作品「慰安婦」は、実在する人物の証言を全18ページの漫画として構成したもの。韓国の大学に留学中に慰安婦問題を知ったというゴドーさんは、卒業作品のテーマに選ぶほど同問題に強い関心を抱いたという。その後、フランスの芸術大学で漫画を専攻していたゴドーさんは韓国の友人の薦めで公募展に参加することになった。

ゴドーさんは「今回の作品を通し、フランス人にはこれまで知らなかった第二次世界大戦の一部分を教え、韓国人には外国人の視点を教えたかった」とし、「フランス人は第二次世界大戦の時に韓国で何が起きていたかを知らない」と指摘した。その上で「慰安婦問題を広く知らせることに協力し、被害女性を助けたい。漫画がその手段になるはずだ」と強調した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「慰安婦問題に関心を持ってくれてありがとう。感動で涙が出てくる」「元慰安婦を侮辱し、歴史を歪曲(わいきょく)しようとする韓国人もいる中で、外国人が慰安婦の被害事実を広め、被害者を助けたいと考えるなんて!心が美しい」などゴドーさんに対する称賛の声が寄せられている。中には「批判するだけで行動を起こさない自分が韓国人として恥ずかしくなった」と反省するユーザーも。

一方で、ゴドーさんの作品を見たユーザーからは「韓国人慰安婦の目が非常に細くてつり上がっている。これは差別では?」「慰安婦の目の描き方に悪意を感じる」「慰安婦の目がまるで怪物のように描かれていることに鳥肌が立った」など漫画の絵に対する不満の声も多く上がっている。(翻訳・編集/堂本
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事