日本はなぜ謝罪しないのか、理由は王陽明を間違って学んでいるから―中国ネット

配信日時:2017年9月24日(日) 6時0分
日本はなぜ謝罪しないのか、理由は「王陽明」―中国ネット
画像ID  579524
20日、中国のポータルサイト・新浪に「日本はどうして謝罪しないのか?それは王陽明を間違って学んだからだ」とする文章が掲載された。資料写真。
2017年9月20日、中国のポータルサイト・新浪に「日本はどうして謝罪しないのか?それは王陽明を間違って学んだからだ」とする文章が掲載された。

文章はまず「日本は抗日戦争期間中に中国の軍人・民間人を3500万人以上死傷させたが今でも謝罪せず、靖国神社に参拝している。その理由は、彼らが自らの誤りを認めていないからだ」と指摘。「日本社会は王陽明の『致良知』という思想の影響を受けている。そして『致良知』について、自身の誠意が極致に達していれば、自分の判断は正しいと解釈している」と説明した。

さらに「日本社会においては、確かに彼らの誠意は極地に達していた。軍人から各界の人物まで、皆が天皇の命令に従い、アジアを救うための大東亜共栄圏の成立によってアジアの国を救おうとした」と続ける。そして、1981年に米国留学中にクラスメートとディベートした際に、日本人が「戦争は人や経済に損失をもたらすが、自分たちは誠実だった。誠実はすなわち良知であり、天の理である。そのため、われわれは間違っていない」と語ったとしている。

文章は、王陽明について「明朝(1368−1644年)中期の学者であり、近年高く評価されている。内側の本心を探求して心学を発展させ、『致良知』の理論を提起した。『良知』は天性のものであり、道徳的な意味を持たないものである」と指摘する。

そのうえで、「致良知」の考え方の問題点として「王陽明は唯心一元論者であり、あらゆる物の真実の姿が自身の心のありようによって説明されている。しかし、本人の死後も万物は存在し続けることから、人々を信服させるのは難しい」「良知は『善』を代表するものではない。例えば、2人が1つの事柄に対して相対する判断をしながら、それぞれが『自分は致良知だ』と主張した場合にどう判断するのか」「多くの人の『良知』は粗雑であり、王陽明のような聖人レベルに達することは難しい」などを挙げている。

そして、「日本は王陽明の思想を学ぶ過程で誤った脇道に逸れた」と主張している。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2017/09/25 06:27)

    一般の日本国民は王陽明の存在を知らないよ!! 何を寝とぼけた我田引水を言っている?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/09/25 02:47)

    日本は 「王陽明」を間違って学んでいる・・・・??? 魏志倭人伝に「鬼道」と記述されている様に 日本人は 古来 「神道/神託/神のお告げ/神の代弁・神主・巫女・祈祷師/シャーマニズム」にして 太陽信仰・自然信仰にして多神教であった先に やがて 祭壇に 中国伝来の「鏡(かがみ/かんがみ・鑑み(る)/省みる/反省・自覚/己を照らす道具/反射鏡・ミラー」を太陽神「天照大神(あまてらすおおみかみ)」として尊び・崇拝し・祭って来たに他ならない。 その先に、中国から「漢字」と共に孔子の「礼節」を導入して尊んでいたものの 国を治める為に漢訳されたインドの「仏教/般若心経」を導入して「神仏混淆」となって 未だに「自然神/太陽神/万物神」と「仏教」と「礼節」を尊び熱心に崇拝し続けているに他ならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ste***** | (2017/09/24 17:14)

    自ら目にしたことも耳にしたこともないのだが、中国では日系車に対して「ボディの鋼板を薄くして軽量化してるため柔くて危険」という定評があるらしい。 いくら中国人でもそこまでバカ(無知?)じゃないだろうと思ってたら、案外根強く支持されているらしい。 さて、この記事の内容だが。 この自動車の話に勝るとも劣らない「殆どデマ」でしかない。 学問とはそも何か? 靖国神社とは何か? 日中国交回復とは何か? もっと根源の話で、戦争とは何か? 多分この記事で主張している中国人氏、一つとしてまともに答えることは出来ないだろうと推測される。 間に豆電球を挟むことなく電池の両極を繋いでも、電気は流れるが周りを照らすことはできないのだと言うことを、なんとかして教えてあげたいものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事