コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

ソウルの花火大会で都心の高速などが無法状態に、建物屋上から転落事故も=「後進国に祭りは似合わない」「日本人と何が違うんだろう?」―韓国ネット

配信日時:2017年10月2日(月) 12時10分
ソウルの花火大会で都心の高速などが無法状態に、建物屋上から転落も
画像ID  579461
2日、韓国・朝鮮日報は、先月30日夜に行われた「ソウル世界花火祭り」を見ようと押し寄せた人と車で会場一帯が大混乱に陥った様子を伝えた。写真はソウル。
2017年10月2日、韓国・朝鮮日報は、先月30日夜に行われた「ソウル世界花火祭り」を見ようと押し寄せた人と車で会場一帯が大混乱に陥った様子を伝えた。

打ち上げ会場は、ソウルを流れる漢江(ハンガン)の中州に当たる汝矣島(ヨイド)。午後7時20分の開始を前に周辺には多くの人や車が詰め掛けたが、中でも混乱と無秩序が目についたのは、汝矣島を見渡せる都市高速道路「オリンピック大路」だという。打ち上げの数時間前から高速上にハザードランプを点滅させた車両が並び始め、西行きの片道5車線のうち2車線は違法駐停車の車両で埋め尽くされてしまったのだ。

さらに花火が始まると、今度は人々が車の中から路上に飛び出してきた。すぐそばをひっきりなしに車が走っているにもかかわらず、絶好の撮影ポイントを探し高速上を走り回る人や、隙あらば割り込もうと車列に突っ込む車もあったという。こうした「安全」も「秩序」もない状態が2時間以上続いた。

汝矣島の向かい側にある鷺梁津(ノリャンジン)水産市場の屋上では、11歳と7歳の女児2人の転落事故があった。少しでも高い所から花火を見ようと、換気口のドーム状に盛り上がったふたに乗ったとみられている。プラスチック製のふたは子どもの体重を支えきれずに割れ、2人は10メートル下に落ち腕と脚を骨折するけがを負った。

主催側の推算によると、今回の花火大会には汝矣島だけで88万人、オリンピック大路を含め周辺の橋など観覧の穴場まで含めると100万人が集まった。記事は、「汝矣島一帯に1500人の警察が配置されたが、秩序維持と安全確保には力不足だった」とし、「花火大会が始まって15年、こうした状況は少しも変わっていない」と指摘した。

祭りの後のごみ問題も相変わらずのようだ。この日、管轄警察署は職員200人を動員しごみ拾いのボランティアを実施、主催側でも700人規模のボランティアを現場に配置したが、祭り翌日の1日午前、会場のあちこちにごみの山が残った。ソウル市によると、このごみ処理にかかる費用は1億5000万ウォン(約1500万円)に上るという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは5000を超えるコメントが集まっており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「未開国としか言いようがない」「市民意識が低い」「中国のことをとやかく言う資格はないな」「情けない」「これがわれわれのレベル」など、自虐的な意見が多く並んだ。

また、「いっそのこと花火大会をなくせばいい」「花火大会は要らない」「祭りを廃止せよ!後進国には似合わない」など、花火大会の開催中止を訴える声も。

その他に、「日本の花火大会と比較すると、日本の人々は本当に秩序があるし、他人に迷惑を掛けないようにする。韓国人や中国人と何が違うんだろう?」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する