コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

地球観測に関する政府間会合、中国が連合議長国に再選される

配信日時:2017年9月14日(木) 10時30分
画像ID 
地球観測に関する政府間会合(GEO)中国事務局はこのほど、アジア・オセアニア地域クローズド会議を開いた。会議はテレビ電話で行われ、GEO部門間連絡チーム副チーム長、中国国家測絵地理信息局(国家測量地理情報局)副局長の李朋徳氏がアジア・オセアニア連合議長を務め、国家リモートセンシングセンターの張松海チーフエンジニアが出席した。部指導者の支持と協力司の指導を受け、会議ではアジア・オセアニア執行委員会加盟国の任期満了に伴う2018−19年改選を無事完了した。

中国、日本、豪州が現職の執行委員会加盟国として、アジア・オセアニア地球観測システムの建設、GEOの発展に対する貢献を総括した。インドネシアなどの代表者は、現職の執行委員会加盟国の取り組みを高評価し、再選に賛成した。会議では、中国、日本、韓国、豪州が引き続きアジア・オセアニア執行委員会加盟国を担当し、中国が連合議長国として続投することが決まった。

GEO執行委員会はEUを含む16の加盟国で組織され、任期は2年。アジア・オセアニアは4カ国。アジア・オセアニアを代表するGEO連合議長は4カ国の中から選ばれる。中国は再選により、地球観測分野での発言権を固めることになる。これは中国がアジア・オセアニア地球観測システムの発展をけん引し、国内地球観測技術の向上を促進する上で重要な意義を持ち、また中国の持続可能な開発のための2030アジェンダの実施を力強く支えることとなる。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する