iPhone X、転売屋が「34万円で売れる」と豪語=1700件の予約を受けたダフ屋も―中国

配信日時:2017年9月14日(木) 12時30分
iPhone X、ダフ屋に予約殺到「34万円で売れる」ー中国
画像ID  578555
13日、米アップルがこのほど初公開したスマートフォンの新商品「iPhone(アイフォーン)」最上位機種「X(テン)について、中国で商品を転売する複数の「ダフ屋」は「取引価格は最高2万元(約34万円)まで跳ね上がる」とみている。写真はアップルストア。
2017年9月13日、証券日報によると、米アップルがこのほど初公開したスマートフォンの新商品「iPhone(アイフォーン)」最上位機種「X(テン)について、中国で商品を転売する複数の「ダフ屋」は「取引価格は最高2万元(約34万円)まで跳ね上がる」とみている。

iPhoneを売買するダフ屋数人に尋ねたところ、11月3日に発売の「X」の予約を受付中。手付金は6000元(約10万円)ほどで、すでに1700件近い予約を受けたダフ屋もいるという。ダフ屋の1人は「商売を守るため、手付金をあまりに低く設定するわけにもいかない」と話す。

アップルは現在、中国でシェアを徐々に縮小している。中国メーカーの華為技術(ファーウェイ)、OPPO、vivo、小米などのライバルに押され、シェアは5位の18%まで下がった。新商品の「X」が起死回生の切り札となるかが注目される。(翻訳・編集/大宮)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • dm2***** | (2017/09/14 13:02)

    中国でのiPhoneのステータス性が薄れている現状、この価格とデザインは、富裕層にとって格好の購入対象であろう。 そこに転売屋の付け入るスキがあるんだろうが、既に中国も第一次販売国になっており、初期供給量にもよるが、転売屋の暴利チャンスは無いでしょう。国外からの密輸入利ザヤ程度では暴利は得られない。 何れにせよ、パパにとっては財布の痛む時期。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事