豪州でカンガルーが増え過ぎ問題に、「食べて解決すべき」との声も、中国人がまた名乗りを上げる?

配信日時:2017年9月14日(木) 15時20分
カンガルーが増え過ぎ問題に、「食べて解決」に中国人が名乗り?
画像ID  578552
オーストラリアでカンガルーが増えすぎ、環境の持続可能性に悪影響を及ぼしている。土地所有者や生態学者からは、カンガルーを食用として問題解決に取り組むことも考えるべきだとの声が上がっている。
2017年9月13日、中国新聞網によると、オーストラリアでカンガルーが増えすぎ、環境の持続可能性に悪影響を及ぼしている。土地所有者や生態学者からは、カンガルーを食用として問題解決に取り組むことも考えるべきだとの声が上がっている。

オーストラリア政府による2016年の統計では、同国に生息しているカンガルーは約4500万頭。総人口の約2倍に上る。カンガルーの急増は降雨量の増加で食べ物が増えたことが影響しているとみられている。

カンガルーの肉(ルーミート)は低脂肪、高タンパクで、食用として利用されており、エミューやワニに続く観光の売り物になるとの見方もあるが、政府は保護目的で捕獲頭数を規制しており、頭数抑制のための捕獲や殺害には動物愛護の観点から反対の声が根強い。

これまで、米五大湖のコイやデンマークの生カキなどが増えすぎたとニュースになるたびに食べて解決するという案が上がり、中国人が「われこそは」と名乗りを上げてきたが、今回も中国ネットで話題になっている。「かわいいから食べられない…」「で、うまいのか?」「パサパサだし、臭いも気になる」「カンガルーの肉はまずい。だまされるな」「そうまずい肉でもない。向こうのコックが下手なだけ」「それならジャーキーにでもすればいい」などの意見が上がっているが、今回は総じて食いつきが悪いようだ。(翻訳・編集/岡田)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2017/09/14 19:37)

    映画『ジェラシックパーク』ではないが、雄雌の生息地を分けてしまえば繁殖しない。限られた個数を選んで繁殖施設に入れれば絶滅する心配もない。いわばカンガルー版『一人っ子政策』である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2017/09/14 15:44)

    豪州と言い、奈良県と言い、人間の身勝手さをつくづく感じる。 増えるまでは、観光客を呼び込む手段に使っておいて、 手に負えなくなると「駆除」。 ひど過ぎないか? 米国のイエローストーンだってそうだ。 オオカミを害獣として殺しまくった結果、絶滅させてしまった。 結果、コヨーテが生態系の頂点に君臨することになったが、 コヨーテが食べない「ワピチ」が増え過ぎた。 そこでわざわざ、カナダからオオカミを輸入し、再びイエローストーンに放った。 その結果、崩れた生態系が元に戻った。 って話は有名だよね。 本当に人間は愚かだ。(自分も含め)
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>