中国初の豚用遺伝子工学ワクチン、間もなく発売へ

配信日時:2017年9月14日(木) 0時30分
画像ID 
洛陽普莱柯生物工学有限公司が12日に発表した情報によると、同社は国家獣用薬品工学技術研究センターをプラットフォームとし、大腸菌発現システムを利用しサーコウイルス2型(PCV-2)のウイルス様粒子(VLPs)ワクチンを開発した。7年間に渡る研究開発によって生み出された、中国初の純ウイルス様粒子サーコウイルスサブユニットワクチンがこのほど発売されることになった。科技日報が伝えた。

専門家によると、VLPsワクチンは新型遺伝子工学ワクチンであり、免疫面で高い優位性を持つ。表面構造は規則的で、大きさが程よく、核酸を含まず、自主複製が不可能なため、感染性を持たず、免疫システムに識別されやすく、高い免疫効果を発揮する。また、血清中の半減期が長い。品質は安定し、安全かつ信頼性が高い。これらの長所により、ウイルス様粒子は遺伝子工学ワクチンの研究の効果と価値を持ち、遺伝子工学ワクチンの研究の優れた方向性を示している。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事