宇宙補給船「天舟1号」 、自主高速ドッキング試験を完了

配信日時:2017年9月14日(木) 1時20分
画像ID 
無人宇宙補給船「天舟1号」 が12日午後11時58分、宇宙実験室「天宮2号」との自主高速ドッキング試験を無事完了した。新華社が伝えた。

試験開始前、地上の技術者は天舟1号の軌道制御を4回に分けて行い、天宮2号との高速ドッキング試験の初期軌道条件を整え、関連試験の準備を終えた。

12日午後5時24分、地上からの指示を受け、天舟1号が遠距離自主接近と近距離自主制御の2段階からなる自主高速ドッキングモードに切り替わった。天舟1号は第1段階で、遠距離接近の終点まで自主的にたどり着いた。第2段階では天宮2号の協力を受け、ドッキング誘導装置を利用し天宮2号とランデブーした。それから天舟1号と天宮2号のドッキング装置が接触し、試験を完了した。ドッキング完了までにかかった時間は約6時間半だった。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事