コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

谷村新司が「日中歌唱コンテスト」に登場、「昴」熱唱も!―北京市

配信日時:2017年9月13日(水) 15時10分
谷村新司が「日中歌唱コンテスト」に登場、「昴」熱唱も!―北京市
画像ID  578519
「2017年中日歌唱コンテスト」が10日、北京外国語大学で開催された。
「2017年中日歌唱コンテスト」が10日、北京外国語大学で開催された。今回のコンテストには、日本の著名シンガーソングライターの谷村新司や中国の男性歌手・李双江、女性歌手・李玲玉等、両国の有名音楽アーティストがゲスト審査員をつとめ、会場には約千人の観客が集まった。人民網が伝えた。

今回の「中日歌唱コンテスト」は中国国際放送(CRI)と、中国国際放送ネットワーク(CIBN)及び北京外国語大学が日中国交正常化45周年を記念して共催。同コンテストは歌を通じて、日中両国民が民間レベルの文化交流を行うことを趣旨としているため、それぞれ相手の国の言語で相手の国の歌を歌うというルール。今年4月末から正式に参加者を募集し、最終的に400人以上の応募者の中から選ばれた10組の選手が決勝へ進み、紅白の2組に分かれて競い合った。

同日午後、会場となった北京外国語大学千人礼堂は満席となった。選手たちは、尾崎豊の「I Love You」や張惠妹(チャン・ホェイメイ)の「聴海」、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」、中島美嘉の「雪の華」、周傑倫(ジェイ・チョウ)の「The Longest Movie(最長的電影)」等、日中を代表する名曲の数々を心に響く歌声で歌い上げ、会場からは万雷の拍手に包まれた。なかでも「やっぱりね、そうだろね」の軽快なメロディーが印象的な、氷川きよしの演歌「大井追っかけ音次郎」を歌った白組の王穎さんは、谷村新司から高い評価をうけた。コンテストは最終的に紅組が優勝。このほかにも最優秀歌唱賞や最優秀パフォーマンス賞等が授与された。

最後は、谷村新司が中国でも一世を風靡した自身の代表作「昴」を熱唱し、会場の観客も一緒に大合唱となる盛り上がりを見せた。そして「日本の人が中国語で歌い、中国の人が日本の歌を歌う。これこそが友好の証。このイベントがこれほど長く続き、これからも長く続けていくには、みなさんの応援が必要。これからも末永くこのイベントの応援をよろしくお願いします」という谷村新司の挨拶で、熱気に包まれた同コンテストはその幕を下ろした。中国と深い縁がある谷村新司は、1981年に初めて北京公演を行って以降、両国の文化交流活動に積極的に参加している。今年の6月には、上海市で開催された日中国交正常化45周年を記念するコンサートにも参加している。

「2017年中日歌唱コンテスト」の前身である「CRI紅白歌比べ」は日本の「紅白歌合戦」の中国版として1978年に誕生した。長きにわたり成長し続け、今では中国国際放送局日本語部における名物番組となっている。横井裕駐中国日本国大使は、同イベントが中日両国の友好関係に大きく貢献していることを称え、「今後も同イベントが中日友好の架け橋としての役割を果たしていくことを期待している」と祝電を寄せた。(提供/人民網日本語版・編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する