日本の大学に通い始めて分かった、本当の日本の姿―中国人留学生

配信日時:2017年9月14日(木) 6時20分
日本の大学に通い始めて分かった、本当の日本の姿―中国人留学生
画像ID  578425
13日、中国青年報は、日本の明治大学に通う中国人留学生の手記を掲載した。写真は明治大学。
2017年9月13日、中国青年報は、日本の明治大学に通う中国人留学生の日本滞在記を掲載した。以下はその概要。

「日本に来たばかりで、何も分からない。でも後悔はできない。後悔をするのは、本当に誤った選択をした時だ」……これが来日初日の日記だ。2017年9月13日で、留学生活も962日目になる。

私は北京の高校で第1外国語に日本語を選択、日本への留学を考えていた。高3の夏、両親に話すと承諾してくれ、早く慣れるようにと予定よりも3カ月早く日本に行かせてくれた。そして東京の語学学校で勉強した後、明治大学の考古学専攻に合格した。日本留学を選んだ理由をよく聞かれるが、中学から日本語を勉強していたし、日本のアニメが好きだったから。それに中国から近くていつでも帰れるし、時差が少ないから両親とも話ができる。

勉強だけでは交流の機会が少ないという先輩留学生の勧めで詩吟サークルに入った。中国人部員は1人だけだが、みんなとうまくやっている。四川や内モンゴルを旅した中国語を勉強しているという日本人部員もいる。留学先に悩む後輩に対し、「中国はいいよ」とアドバイスする日本人の先輩もいる。

去年の秋に体調がすぐれず、サークル活動を一時休んだことがあった。その時、部員たちが折に触れて自分の状態を気にかけてくれ、授業やサークルでの話をしに来てくれた。こんなに助けてくれるのに、話す時には「つかず離れず」な感じがする。日本人は不思議だなと思うことがあったが、後になって彼らがちょっと内向的なのだということが分かってきた。きっと彼らにとっては私も「不思議な人」なのだろう。

日本に来る前、人から聞いた話や漫画、ドラマによる日本人のイメージは「頭が固く、熱血で、群れやすい。なかなか打ち解けられない」というものだった。しかし、実際にやって来て初めて、この国にもさまざまな人がいるということを肌身で感じることができた。

2週間前、買い物を終えて帰宅する途中、荷物を持ち替えようとして持っていた傘が横向きになり、通行人の邪魔になってしまった。謝ったが、あるおばさんから厳しい言葉で責められた。日本の友人たちにこの事を話すと、おばさんの代わりに謝ってくれたり、「気をつけなきゃ駄目だよ」と注意してくれたり、「今度そういうことがあったら言い返していいよ」と言ってくれる人もいた。共通していたのは、みんな「大丈夫?」と気遣ってくれたことだった。

タクシーの運転手、サークルの先輩、語学学校の近くの料理屋の店主、いつも中国人留学生の面倒を見てくれる夫婦……。彼らはみんな「日中友好は君たちにかかってるよ」と言う。

2年前の自分は、日本を一言で表現しようとしていた。しかし今、自分の経験だけでこの国全体を説明するべきではないと思っている。一言でまとめられる社会は、社会とは言えない。日本の社会を構成しているのは、私たち同様、自らの信念と目標を持っている無数の人たちなのだ。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 迎恩門***** | (2017/09/15 05:58)

    日本人が中華人民共和国や、大韓民国程度の後進国に留学して学べることが  あるとは思えないのだが。 単なる裕福家庭の親の見栄 ? 子供達の日本と言う社会を拒否する幼稚な思考回路 ? 早く社会に出ると教えない基礎教育の弊害で、日本は衰退の一途を辿るのかと思うと..。  確かに今の子供達は、全てに幼稚すぎる生き方が多い、考え方が安易だ。 子供だから何でも許されるの教育は 害 の一言。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/09/15 04:45)

    >>一言でまとめられる社会は、社会とは言えない。 いいこと言うね。でも残念な事に、中国も韓国も、そして日本にも、聞きかじった知識や他人からの伝聞だけで国民や民族を規定してしまう連中が多過ぎる。 日中韓それぞれ、「同じ顔」の人間など居やしないんだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事