日本のコンビニであることに気付いた―訪日中国人

配信日時:2017年9月8日(金) 7時0分
日本のコンビニであることに気付いた―訪日中国人
画像ID  577833
6日、中国の旅行情報を発信する自メディアは、日本旅行に訪れた際に立ち寄ったコンビニに関するコラム記事を掲載した。資料写真。
2017年9月6日、中国の旅行情報を発信する自メディア(新興メディア)は、記者が日本旅行に訪れた際に立ち寄ったコンビニに関するコラム記事を掲載した。

ここ数年、訪日中国人の増加とともに、日本旅行にまつわる体験記や「攻略」といった旅行情報が中国のネット上でも増えてきている。今回、記事が紹介しているのは日本のコンビニ。「日本ではどの都市にも基本的にたくさんのコンビニがあり、日本人の生活に不可欠なものとなっている」と紹介した。

記者が旅行中に多く立ち寄ったコンビニはローソンだったようだ。「24時間営業で、面積は店舗によってまちまち。食品や生活用品はすべてそろっているうえ、FAXや宅配便などのサービスもあり、あらゆるものがそろっているという印象」とし、滞在中の朝食はおにぎりやヨーグルト、カップ麺などを購入していたという。すべての商品に本体価格と税込み価格が明記されていて値段交渉はできない、などという基本情報にも触れた。

記事は気になった点として、「中国製品が多い」ことを挙げる。日本に着いたそばからなくしてしまった携帯電話の充電ケーブルを購入したところ「MADE IN CHINA」の文字が。ほかにも中国製は頻繁に目にしたそうで、秋田のある店で、雨に濡れたために購入したラバーシューズや帽子も中国製だったという。

記事は、「これらは中国製であるものの、中国の大手ECサイトでは販売されていない」「多くは日本でデザインされ、中国で製造されたもの。中国は日本にとって最大の『製造国』であるということがよくわかる」などと報告している。中国製品といえば品質の問題がたびたび指摘されるが、この記事に対してネットユーザーからは「重要なのは(どこで製造したかではなく)日本人が管理しているってこと」「同じ中国製でも、国内と海外とでは品質基準が異なる」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/北田
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • dm2***** | (2017/09/08 10:28)

    Made in ○○の意味を見誤るな! 現代のグローバル社会において、日本にも世界中の商品が流通しており、Made in ○○は、購買時の重要な判断となる一つ要素であることは認めるが、最も重要なのはMade by ○○であることを理解してもらいたい。 日本も含め、世界中には大小無数のメーカーが玉石混合状態で存在しており、何処で作られたものが良いとは消費者で判断できるものではない。その中で、最も分かりやすく判断できる指針が”誰が作った、Made by ○○"である。 当然商品にはMade by ○○の表記はないが、それを代弁するのがブランドである。 今後商品を購入の際は、Made in ○○等見ずに、ブランド商標で購入判断してもらいたいものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2017/09/08 08:53)

    細かいところに関心を持ち、プラスになる印象を持ったり、ネット民がプラスのコメントを残してくれるのはいいことだと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2017/09/08 07:41)

    何を今さら? 最近は減って来たけど日本製品でMADE IN CHINA表記は多いけど? あんたらが大好きな日本の百均なんてシ ナだらけだが? でもな、細かくて精度が必要な部品は日本で作ってんのよ! あくまで大雑把な部分や最終組み立てを中国にやらせているというだけの話
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事