日中企業は協力すれば共に利益を得、争えば共に損をする―中国専門家

配信日時:2017年8月31日(木) 18時50分
日中企業は協力すれば共に利益を得、争えば共に損をする―中国専門家
画像ID  576813
中国社会科学院が主催し、中国社会科学院日本研究所が事務局となる「中日国交正常化45周年記念」国際学術シンポジウム総会が27日、北京市で開かれた。
中国社会科学院が主催し、中国社会科学院日本研究所が事務局となる「中日国交正常化45周年記念」国際学術シンポジウム総会が27日、北京市で開かれた。外交学院副院長の江瑞平教授は、「中日企業は合すれば則ち共に利し、争えば共に損する」との見方を示した。人民網が伝えた。

江教授は日中企業の協力について、「新しい段階に入っている。中日企業は本当の意味でほぼ平等な交流と協力を行うようになり始めたといえる。中国の経済力が日増しに向上し、世界企業500社番付に占める中国企業の数も日本を抜いており、すでに多くの中国企業が日本企業との協力において平等な協力を実現させている。しかし全体的に見ると、中国企業のブランド影響力、技術の成熟度、経営・管理水準など一連の重要な面において、日本企業と比較するとまだ大きな差があることは重視せざるを得ない」と指摘した。

江教授は中国企業の日本進出、日本企業の中国国内招致の経験と教訓について、次の4点に注目すべきだと力説した。
(1)日中企業は合すれば則ち共に利し、争えば共に損する。「一帯一路」(the Belt and Road)の建設に積極的に参与し、中国の発展という高速列車に便乗すべき点。
(2)中国で増加と成長を続ける自由貿易区は、体制・制度・政策面で、日本企業の対中投資により有利な条件を整えている点。
(3)トランプ大統領就任後、米国は対外経済戦略の根本的な調整を行っている。日中は協力しこれに対応する必要がある点。
(4)日中韓首脳会議の開催に伴い、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉がより積極的に推進されるかは、日中企業の協力に非常に高い将来性があるかを示すことになる点。(提供/人民網日本語版・編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • dm2***** | (2017/08/31 20:34)

    額面通りに共栄を望むのであれば、行動を起こさねばならないのは中国であるのは明白だが、それは共産党の利益の為ではなく、中国人民の利益のためでなくてはならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 寺内 ***** | (2017/08/31 20:20)

    日本は菅直人政権下でレアアースの禁輸事件を経験した。野田佳彦政権下で日本企業の焼き討ち事件も経験した。現在進行中の限韓令も注視している。 日本は原則自己責任社会。 中国に進出している日本企業が今後政治リスクにより大損をこいたとしても日本国民は蔑むだけで誰も同情しない。そんなことはじまからわかりきっているのだから。 特に習近平体制は異常すぎる。 日本企業は長寿企業が多いがそれは「ほどほど経営」を行っているから。中国に進出して「デッド・オア・アライブ」をやるのはバカのやる事。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • xin***** | (2017/08/31 19:49)

    一時期はお互いに協力路線もあったかもしれないが 現在はその路線の考えは無くなってきている リスクが大きいという事に気付きましたね、我々も でも、それを教えてくれたのは、あなた方ですよ
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事