日本の「韓流ブーム」再燃に期待、「韓国人になりたい女の子急増」と韓国メディア、「NHK紅白にTWICE出場」「化粧品が人気」とも

配信日時:2017年12月17日(日) 13時40分
日本の「韓流ブーム」再燃に期待、「韓国人になりたい女の子急増」
画像ID  576607
日本の「韓流ブーム」再燃に期待する声が韓国内で高まっている。韓国メディアは「韓国人になりたい若い女の子が急増」と報道。韓国のガールズグループ「TWICE」のNHK紅白出場や韓国製化粧品の人気ぶりも紹介している。写真は韓国・ソウル。
2017年12月16日、日本の「韓流ブーム」再燃に期待する声が韓国内で高まっている。韓国メディアは「韓国人になりたい若い女の子が急増」と報道。韓国のガールズグループ「TWICE」(トゥワイス)が年末のNHK紅白歌合戦に出場することや、韓国製の化粧品が人気を集めていることも紹介している。

韓国・SBSテレビは「韓国人になりたいと思っている日本女性が急増している」との7日付の日本のネットニュースが話題を集めている、と報じた。それによると、インスタグラムの「#韓国人になりたい」では7000件以上がヒットし、「#韓国好きな人とつながりたい」は36万件以上になった。

2003年ごろ、韓国ドラマ「冬のソナタ」の「ヨン様」人気に始まった韓流ブームなどとは異なり、「ネオ韓流ブーム」を支えているのは10代の女子中高生たち。女子中高生が4部門で今年の流行語を選ぶ「JC・JK流行語大賞2017」では、ヒト部門で18〜22歳の9人組のガールズグループ「TWICE」が、モノ部門で韓国料理「チーズタッカルビ」がそれぞれ1位に輝いた。

TWICEは少女時代やSISTARなど、ほとんどの女性アイドルグループが活動停止したり解散したりしている中、昨年、韓国最大の音楽配信サイト「Melon」で年間チャート1位になった。年末のNHK紅白歌合戦に出場するが、韓国からは6年ぶりだ。

朝鮮日報はTWICEについて「日本人のハートをさらった」と指摘。「2012年に李明博・元大統領が独島(日本名:竹島)に上陸したことに日本の各放送局が反発、韓国芸能人の出演を拒否して以降、急速に冷え込んだ日本国内の韓流ブームがTWICEを中心に復活する兆しを見せている」としている。

日本での成功は「『現地化』と日本の若い層のソーシャル・メディア利用拡大があったから可能だった」と分析。「メンバー9人のうち3人(ミナ・サナ・モモ)が日本出身という点が、閉ざされた門戸を開くきっかけとなった」ともみている。

さらに朝鮮日報は化粧品にも言及。「米国、中国に次ぐ世界第3位の化粧品市場である日本で、韓国の化粧品『Kビューティー』が人気だ」と報じている。

日本輸入化粧品協会(CIAJ)のまとめでは、今年1〜9月の韓国産化粧品の日本の輸入額は前年同期比10.5%増の26億8000万円、スキンケア製品は同14.6%増の100億円を記録した。昨年の輸入額は1億8265万ドル(約200億円)で過去最高だったが、このままの勢いが続けば今年も記録更新の可能性が高い。

日本で特に人気が高いのは低・中価格帯のブランド。若い女性を中心に、肌は白く、唇の色は鮮やかに見せる「韓国式オルチャン(美人)メーク」が流行している。Kビューティーブームの特徴は、10〜20代の若い世代を中心にSNSを通し広まっている点だという。(編集/日向)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<