NHKが731部隊のドキュメンタリーを放送 日本人は「見て見ぬふり」複雑な気持ちに

配信日時:2017年8月15日(火) 19時10分
画像ID 
8月15日は日本で「終戦記念日」と呼ばれている。13日夜、日本の放送局NHKが「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」という50分間にわたるドキュメンタリーを放送したことが、日本で世論の関心を集めた。

この番組では、終戦直後に旧ソ連で行われたハバロフスク裁判の音声記録をNHKが発掘し、肉声と実際の隊員らへの取材を通して、731部隊中枢メンバーが細菌兵器を開発した実態を克明に語っていた。同番組によると、第二次世界大戦中、731部隊は中国で密かに細菌兵器を開発し、それを戦争で実際に使用していた。戦後、731部隊は証拠を徹底的に隠滅し、元隊員らは口を閉ざし、真実は隠蔽された。731部隊の人体実験に参加したのは軍だけでなく、医学学者のエリートも関与していた。軍人たちは大半が戦後の裁判で裁かれたが、医学学者のエリートなどは今日まで多くの責任が曖昧になっている。それにもかかわらず、学術界で表彰されるような人物もいたという。番組はこれについて東京大学への取材を申し込んだが、東京大学は「組織的な関与はなかった」として拒否した。

731部隊ドキュメンタリーの放送は日本のネット上で右翼勢力に攻撃されたとした。「音声記録はロシアからのものであり、日本の軍人は拷問を受けて供述させられた」という声もあれば、「米国は731が一般的な防疫部隊でしかないと言っていた」、「NHKは日本のために発信しなかった。これは日本に恥を与えることだ」という声もあった。一方、一部の日本国民はこの行為が恥ずかしい、NHKが戦争で日本が犯した罪を公開するやり方を支持すると示した。

大阪大学の招へい教授を務める田中弥生氏は14日、自身のブログで、「ショッキングなドキュメンタリー番組だった。複雑な気持ちにさせたのは、戦後、冷静さを取り戻した社会における彼らの態度だった。番組の最後で、後悔の言葉を述べ、自殺した医師が紹介されていた。それは、『他の人々も事実に向かい合って、自らを振り返ってほしい』という希望であったと思う。われわれ日本人は、この史実にどう向かい合うべきなのか。『見て見ぬふり』は許されないのではないか」と記した。(編集HQ)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2017/08/17 01:30)

    「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」というドキュメンタリー・・・・つまり、「731部隊のエリート医学者と人体実験〜」を一部の人間達が極秘でやっていた先に 日本国民の多くは知らなかったと言う事である。 その先に、短絡的に 日本がやった・日本人が全員でやった・日本人が全員連帯責任を持てとなるのか? 何も知らなかった多くの国民・何も知らない子供・全く関わりのない子供・赤ちゃん・子孫・老人も責任を持てとはならない。 ただ、それを告発し・止めるのが遅きにしした・後の祭り。   NHKは今頃、マスコミ(報道/大衆媒体/情報機関)の責任は大きい。    今後は 国民の一人一人が賢くして監視しなければならないと言う事である。  私達の出来ることはそれぐらいである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mim***** | (2017/08/16 22:26)

    見て見ぬふり、とは何のことを言っているのか。我々日本人は決して見て見ぬふりなどしないし、するつもりもない。 国家発展の方向性を見誤った我々日本人は「過ちは繰返しませぬから」の反省の下、常に過去を直視しこうした番組が報道される今日を築いてきた。 だからこそ当時の金額で約1兆1千億円(現在換算35兆3540億円)もの金と物を支払い、我国自衛隊の専守防衛概念が覆ることも恐らく永遠にないだろう。 日本ほど過去を直視し反省している国はない、とさえ思えるが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2017/08/15 19:34)

    >同番組によると、第二次世界大戦中、731部隊は中国で密かに細菌兵器を開発し、それを戦争で実際に使用していた 番組を観ていないので断言できないが、どうして731部隊は細菌兵器の開発を『秘密』にしたのか。戦争は日本の勝利で終わると信じられていた時代に、誰に対して隠す必要があったのだろう。隠す必要のないものを隠していたなら、それは『存在しなかった』と考えることが妥当である。『実戦で使用していた』と書かれているが、アメリカ軍が細菌兵器で全滅したなんて記録は残っていない。兵器が完成していたら、一番強い相手に使用するはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事