コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<動画>韓国、コンビニの人口当たりの店舗数が日本を超える

配信日時:2017年8月13日(日) 22時50分
統計によると、2016年末時点の韓国のコンビニエンスストアの店舗数は34376店舗で、人口当たりの店舗数が日本を超えたことが分かった。
統計によると、2016年末時点の韓国のコンビニエンスストアの店舗数は34376店舗で、人口当たりの店舗数が日本を超えたことが分かった。

1人世帯の増加に伴い、近距離少量購買パターンが韓国の若者の間で拡大しているのが主な要因と考えられている。韓国では、今年も各大手コンビニチェーンによる新規出店が続いており、7月末の時点で、韓国の業界上位5社のコンビニチェーンは新たに3088店舗を出店をした。これは、毎月平均400店舗以上の新店舗を出店している計算になる。店舗数の激増により店舗間では競争が激化し、経営環境の悪化などの弊害も出ている。(提供/人民網日本語版・編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2017/08/14 12:57)

    日本でもしばらく前に、需要を超えたコンビニが乱立して、その後パタパタと閉店していったっけ。 韓国ではそれが今頃やってきてるのかな。 口では反日を言いながら、日本に興味津々の韓国民さん 日本で起きたことを教訓にして、コンビニバブルの崩壊を回避できればいいですね。 (無理だろうなぁ。教訓を活かすなんて。 韓国人だもんなぁ)
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事