コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

長崎の被爆者団体「日本の加害者としての歴史も忘れてはならない」―中国メディア

配信日時:2017年8月10日(木) 10時40分
長崎の被爆者団体「日本の加害者としての歴史も忘れてはならない」
画像ID  574427
9日、新華網は、72回目の原爆記念日を迎え平和祈念式典が行われた長崎の平和公園の様子を伝えた。写真は長崎平和公園。
2017年8月9日、新華網は、72回目の原爆記念日を迎え平和祈念式典が行われた長崎の平和公園の様子を伝えた。

記事は「8月9日朝、多くの人が平和公園を訪れ、原爆による犠牲者を追悼していた。公園内には多くの花や折り鶴が供えられていた」と伝えた。そして「長崎県被爆者手帳友の会」の井原東洋一会長が「日本人は当時の原爆の惨状を知るとともに、南京大虐殺、重慶爆撃など加害者としての歴史も忘れてはならず、過去の行いを十分に反省しなければならない」と語ったことを伝えている。

一方で、「3日前の広島で行われた記念式典では、広島市長が原爆投下の日を言い間違えた。そして、ますます多くの日本人は広島と長崎の原爆を語る際、往々にして被害者の立場を取り、その惨劇を招いた真の原因に言及することはほとんどない。日本の歴史教科書も原爆の悲惨さを取り上げるばかりで、日本に侵略された中国やアジア各国国民が無残にも虐殺されたという歴史的事実に触れていない」と指摘。「日本の平和主義者が許せないのは、安倍晋三首相をトップとする勢力が平和憲法改定を企図していること。安倍首相は9日に長崎の平和公園を訪れてスピーチしたが、長崎に原爆が投下されるに至った歴史的な背景には言及しなかった」などと論じた。

記事はまた、式典で長崎市長が平和宣言を発表すると、数千羽の白いハトが空に放たれたことについて、被爆者の女性が「被害者の平均年齢はすでに80歳を超えている。バトンを若い世代に渡し、彼らに戦争の恐ろしさと平和の尊さを理解してもらい、平和の使者になってもらいたい。空を飛び交うのが砲弾ではなく、ハトであり続けることを願う」と語ったことも紹介している。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/09/03 18:43)

    (3)南京事件についても実は本音では大したことではないと思っているのです。従って事実かどうかについても実はあまり関心がないのです。そのことは1989年の天安門事件の際、楊尚昆国家主席は、北京のデモ隊鎮圧に人民解放軍を投入するにあたり、百万人死んでも中国にとっては大したことではないと話したという噂があります(恐らく事実です)。中国が戦前の日本を批判するのは、現在の日本を貶めあわよくば国際的に孤立させ中国に軍事的に屈服させるためです。今のところ中国の作戦に乗せられているのは韓国だけです。民主国家を目指さない中国にとって、帝国を目指さない限り国家を維持できないのです。まず太平洋の東半分を米国から奪い、また東南アジアと南シナ海に覇権を確立しようとしています。日本人は殆ど自覚していないのですが、中国から見れば民主国家日本が最大の障害なのです。だから日本を貶めようと日本批判をするのです。(終)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2017/09/03 18:29)

    (2)建国後、ナショナリズムの核となり得るものを歴史に見出すことができませんでした。そこで反日を利用してナショナリズムを発生させたのです。つまり、韓国は反日でなければ民主国家として存立できないのです。韓国が日本に繰り返し70年以上も前の戦前のことについて謝罪を請求するのは、それによって自国が日本より道徳的に優位にあることの自己確認によって自国の現状を維持するためなのです。しかしこのようなことでしか国を維持できないというのは極めて不健全であり、危ういと言わざるを得ません。韓国が近年、益々反日の度合いを強めているのは、言わば国家崩壊の危機の悲鳴とでも言うべきものなのです。反日を捨て、もっと積極的なものをナショナリズムの核とできない限り韓国に明るい未来はありません。これに対し、中国が反日なのは韓国とは異なる理由によります。超大国として復活をとげた中国は世界帝国を目指しています。(続く)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2017/09/03 18:14)

    (1)民主国家が形成されるにはナショナリズム(=愛国心)が不可欠です。ナショナリズムのない所には民主国家は形成できないのです。それはシリア、イラク、アフガニスタン、南スーダン等をみれば分かります。ナショナリズムのない所に人工的に民主国家を作っても積み木細工が簡単に壊れる様に壊れてしまいます。日本では明治時代近代国家を作るとき天皇を中心とした国家という理念の下にナショナリズムを作ることに成功しました。左翼イデオロギーに毒された人々は明治時代~終戦の時代を暗黒史として描きますがそれは完全に偏向したものの見方で誤っています。昭和に入る頃までの日本は民主国家への道を着実に歩んでいました(ライシャワー「ザ・ジャパニーズ」(文藝春秋)参照)。むしろ劇場型民主主義と呼ばれ、国民の参加意識が減退している今日の方が民主化の点で後退しているとさえ言えるかも知れません。悲しいことに、韓国では(続く)
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>