コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<中国人観光客が見た日本>融通が利かない日本人

配信日時:2017年8月16日(水) 14時20分
<中国人観光客が見た日本>融通が利かない日本人
画像ID  574388
日本を訪れた中国人観光客が、旅行の思い出をブログにつづっている。「日本人は融通が利かない」としている。
日本を訪れた中国人観光客が、旅行の思い出をブログにつづっている。以下はその概要。

日本では残念な接客が3回あった。料理がなかなか出てこなかったことが2回。もう1回は焼き肉を食べた時、油をひいてくれなかったこと。ひどい焼き肉になってしまった。店員に言うと、日本人はとても感じよく「すみません」と言ってきたが、3店ともそれ以上のことはしてくれなかった。

私はマーケティングを仕事にしている。先輩が言っていたことによると、少なくとも欧米の国々では、こういう場合には割引や、まだサーブされていない料理を無料にするとか、あるいはデザートをサービスするとか、何らかの埋め合わせをするものだという。オーストラリアにいた頃はこういうミスが起きると「ちょっと得ができる」とこっそり喜んでいたものだ。

ところが、日本で遭遇した3回では、何ひとつサービスはなかった。ただ謝って終わり。まるで何もなかったように、「すぐお持ちします」と言われただけで、何とも残念な気持ちになった。たしかに話し方はとても礼儀正しいのだが、誠実さはあまり感じられない。総じて話し方は礼儀正しく、とても丁寧というのが日本人に対する印象だ。

近ごろの日本の若者は「欲がない」世代だそうだ。彼らと詳しく話をしたわけではないが、たしかにそうした感覚をおぼえる。地下鉄ではスーツを着た大勢のサラリーマンを見かけたが、どうも元気がなさそうで、笑顔もなく、ただただ疲れているように見えた。

日本人は比較的率直な性格で、あまり融通が利かない。料理を出し間違えた件からもそれはわかる。それ以外のことでも同様だ。例えば、京都御所は午後4時半までに入場することになっている。私が着いたのは4時33分だったため、入場できなかった。規則は絶対だと言えば聞こえはいいが、それも度が過ぎれば必ずしもいいとは言えない。

あるレストランでは、食事を終えてから荷物を30分ほど置かせてもらえないかと言ったところ、「ノー!」と断られた。大声で言われ、とても驚いた。断る前に、せめて「ソーリー」とでも言ってくれればいいのにと思った。それが礼儀というものだろう。だが、きっと英語がよくわからない人だったのだと思ってあきらめた。

新幹線に乗った時は降りられなくなったら困ると思い、ひとつ前の駅から降りる準備をしていた。日本人は融通を利かせられないから。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2017/08/20 15:57)

    >>新幹線に乗った時は降りられなくなったら困ると思い、ひとつ前の駅から降りる準備をしていた。日本人は融通を利かせられないから。 郷に入りては郷に従え、というのは、その環境に「慣れろ」という事でもある。ちゃんと学んでるじゃないか。 世界には世界の常識があり、日本には日本の常識がある。文句を言った所でそう簡単に変わるものでもないし、場合によっては文句を言われる筋合いのないものもある。 日本人はとかく時間を守る。鉄道のダイヤも乱れる事が異常であって、時間通りなのが正常なのだ。 日本の社会はそうして回っているし、外国人の為にそれを曲げる道理もない。どうしても観光名所が見たいのなら、観光客が時間通りに行動すれば済む話だ。 ただ、日本の社会も変化しない訳ではない。外国人観光客からの要望が多くなれば、行政が動くこともあるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • pik***** | (2017/08/17 09:11)

    >油をひいてくれなかった こいつはバカか!! 自分でひけ!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ito***** | (2017/08/16 20:25)

    >規則は絶対だと言えば聞こえはいいが、それも度が過ぎれば必ずしもいいとは言えない。 自分が遅れて入れなかったのに、あたかも相手が悪いように逆転して「精神的勝利」を勝ち取る。魯迅の『阿Q正伝』に出てくる中国の愚民阿Qとそっくりじゃん。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する