四川省の地震で、日本のある動画が急速にシェアされる―中国

配信日時:2017年8月9日(水) 13時40分
四川省の地震で、日本のある動画が急速にシェアされる―中国
画像ID  574342
9日、四川省の九寨溝でマグニチュード(M)7.0の地震が発生した。中国版ツイッター・微博では地震発生後、災害時に役立つライフハックを紹介する日本の動画が急速に拡散している。
2017年8月9日、四川省の九寨溝で地震が発生したことを受け、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では日本のある動画が急速に拡散している。

鳳凰網、新京報など複数の大手メディアの微博アカウントは9日午前、日本のNHKによる「つくってまもろう みんなで集めた防災アイデア」の動画を相次いで掲載。動画では、単3電池を単1電池にする、ごみ袋でポンチョを作る、上着で担架を作る、新聞紙で食器を作る、段ボールでベッドを作る、ビニール袋で三角巾を作る…など、災害時に身の回りの物で様々な代用品を作るアイデアが紹介されている。地震の被災者に活用してもらおうという意図だ。

微博のユーザーの多くはこの動画をシェアするとともに「どれも本当に使えるものばかり」「これは本当にすごい」「全国民に見せよう」「学校で普段からこういった工作を教えてほしい」「地震多発地域に住む人びとの知恵の結晶だ」「敬服せざるを得ない」「日本は防災減災がしっかり行われている」といった称賛コメントを続々と残した。

また、「中国の科学協会は経費を使って何をやっているんだ」「中国はどうしてこういう緊急時に役立つ動画を放送しないのか」など、このような動画が中国国内から出てこないことに対する疑問や不満の声も出ている。また、「こういった技術は知っておく必要があるけれど、一生使わずに済むといいな」と願うユーザーも少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2017/08/14 09:31)

    簡易尿瓶 用意するもの、ペットボトル大小、ペットボトルのキャップだけ。瞬間接着剤かビニールテープ、道具はドライバーなど金属製の先の尖ったもの、ライター・カッターナイフ 1:ペットボトルのキャップを貼り合わせ、熱した金属棒で穴を貫通させる、 2:ペットボトル(小)は、尿瓶の形に切り取る、切り口はテープで被覆すれば使いやすい。男性用ならスパっと横に切るだけでも良い。 3:ペットボトル大小を1で作った連結キャップでつなぐ。 使用後は、小を外し別のキャップで密封しておけば良い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アンギ***** | (2017/08/14 09:15)

    >単3電池を単1電池にする、ごみ袋でポンチョを作る、上着で担架を作る、新聞紙で食器を作る、段ボールでベッドを作る、ビニール袋で三角巾を作る なぜ動画を拡散しないのか? 共産党幹部は、そんなせせこましいことをしなくても物資を優先的に独占できるし、一般人民など死のうが困ろうが意に介していないからでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/08/10 10:56)

    >>「中国はどうしてこういう緊急時に役立つ動画を放送しないのか」 中国にはこういうノウハウがないってのと、「日本の優れたところ」を中国人民には見せたくないって事なんじゃないかな。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事