コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<動画>初めはメニューを見て帰ってしまうお客も…、日本でウイグル料理店を営む中国人

配信日時:2017年8月13日(日) 22時10分
埼玉県には地元ではちょっと名の知れたウイグル料理のレストランがある。
埼玉県には地元ではちょっと名の知れたウイグル料理のレストランがある。同店は今でこそ人気は高いものの、オープン当初は赤字続きだったのだという。

10年前に東京へやってきた同店のオーナー馬堅さんは、故郷の味への恋しさから、ウイグル料理レスランをオープンさせた。しかし、調理技術の未熟さに加え、ウイグル料理に対する日本人の理解の低さから、客の入りは散々で、オープン1年目にして300万円以上もの赤字を出してしまった。

こうした現状を変えるため、馬さんはわざわざ中国へ帰国し、本場の料理人にウイグル料理を学んだ。1年間の修行の末、馬さんはようやく一人前と認められ、日本での再スタートを切った。調理技術の向上と、日本人の顧客にウイグル料理を広めることに励んだ結果、半年後には、ようやく利益が出るようになったという。(提供/人民網日本語版・編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する