コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国が「印軍越境に関する中国側立場」国際社会に向け表明、インドは平淡な反応―仏メディア

配信日時:2017年8月3日(木) 11時50分
中国が「印軍越境に関する中国側立場」表明、インドは平淡な反応
画像ID  573673
中国とインドがブータンを含む3カ国の国境付近で互いの越境を非難し、両軍のにらみ合いが1カ月余り続く中、中国外交部は2日、中国側の立場を表明する文書を発表した。これに対し、インド外務省は平淡な反応を示している。資料写真。
2017年8月3日、仏RFIによると、中国とインドがブータンを含む3カ国の国境付近で互いの越境を非難し、両軍のにらみ合いが1カ月余り続く中、中国外交部は2日、中国側の立場を表明する文書を発表した。これに対し、インド外務省は平淡な反応を示している。

中国外交部は2日、「インド国境警備部隊がシッキム地域の中印境界線を越えて中国領土に侵入した事実と中国の立場」と題する文書を発表した。

同部の耿爽(グン・シュアン)報道官は同日の記者会見でこの文章について説明し、「インドの国境警備部隊は6月18日、シッキム地域の中印境界線を越えて中国領内に入り、現在まで中国の領土に不法滞在している。この事件の発生以降、中国は外交ルートを通じてインド側に繰り返し厳正な申し入れを行い、インド側の違法な越境行為を強く非難し、国境画定に関する過去の条約を順守し、部隊を即刻無条件でインド領内に撤退させるよう求めてきた。中国側は高度な自制を保っている。だがインド側は過ちを正すいかなる行動も取らないばかりか、さまざまな成り立たない理由を持ち出し、違法な越境行為の口実としている」と主張。

その上で「シッキム地域の中印境界線は、1890年の『中英会議チベット・インド条約』によって画定し、中印両国政府がともに認める既定の国境だ。インド側の行為は、1890年の条約及びそれにより確定された中印既定の国境に反し、国際法の基本原則と国際関係の基本準則に反するものであり、中国の領土主権に対する著しい侵犯だ」と強調。「中国がこの文書を発表するのは、国際社会に向けてインド軍越境事件の真相を説明し、中国政府の立場を全面的に表明するためだ」と述べた。

インド外務省の報道官は2日、中国が発表した文章について、「この問題に関するインドの立場は6月30日のプレス声明に明記されている」とし、「われわれは、中国との二国間関係の円滑な発展のためには国境地域における平和と平穏が重要な前提条件だと考えている」と回答した。

インドは6月30日の声明で、(中国とブータンの係争地で、インドの国境地帯でもある)洞朗(ドクラム)地区で中国が進めていた道路建設はブータンと中国の間の1988年と1998年の合意に違反しているとした上で、インドとブータンは良好な協力の伝統を持ち、問題解決に向けてともに努力するつもりだとしている。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事