コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国の小説が世界的権威ある賞に輝いたのは、“誤訳だらけ”の英訳版のおかげ?=韓国ネット「ハングルの優秀性に英語が追い付けないのかも」

配信日時:2017年8月2日(水) 18時20分
韓国の小説、英訳版の“誤訳”のおかげで世界的権威ある賞を受賞か
画像ID  573542
1日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の女性作家・韓江氏の小説『菜食主義者』の英訳版『ベジタリアン』を読んだ海外の読者らが「面食らっている」という。資料写真。
2017年8月1日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の女性作家の韓江(ハン・ガン)氏の小説『菜食主義者』の英訳版『ベジタリアン』を読んだ海外の読者らが「面食らっている」という。同作は昨年、世界的に権威ある文学賞の一つである英国のマン・ブッカー賞国際部門に選ばれ、英語に翻訳したデボラ・スミス氏も韓氏と共同受賞していた。しかしその後、英訳版の誤訳が数々指摘されており、このほど翰林(ハルリム)大のキム・ボン教授(英語英文学)がスミス氏の誤訳について改めて批判したのだ。

キム教授は英米文学研究の学術誌に寄せた論文「『菜食主義者』と『ベジタリアン』:原作と翻訳の境界」で、「原作はもちろん、英語圏の読者をも裏切ったという批判を免れない」と誤訳の深刻さを指摘した。

キム教授によると、スミス氏は作品の4人の主要な登場人物であるイネ・ヨンヘ姉妹とそれぞれの夫らの関係を誤って把握していたという。妹ヨンヘの夫が、ヨンヘを看護する義姉イネと話す場面では、「妻の姉」であるイネが誤って「妻の兄」として書かれており、ヨンヘの「姉の夫」に当たるイネの夫が「ヨンヘの元夫」と誤訳されている部分もあるそうだ。

またキム教授は、作家が人物の関係や心情を描き出すため熟考し選んだはずの単語に誤った訳語が選択されている箇所があるとして、原作の「グロテスクな」が「みだらな(obscene)」と訳されている部分を挙げた。

さらに決定的なのは、英訳版で省略された部分が多数あることだ。キム教授が「翻訳者が作為的に削除した」と指摘した部分は、第1部で3カ所、2部に11カ所、終盤の3部では33カ所に上る。そのためか、英語圏読者のネットレビューでは、作品の中・後半への不満が集中的に上がっているそうだ。

キム教授は、同作を翻訳するには「翻訳者の韓国語理解力が非常に不足していた」と批判、これに韓国のネットユーザーからも、「ハングルの優秀性に英語が追い付けないのかも」「韓国語の準ネーティブでもない人が文学作品を翻訳したと聞いた時からおかしいと思ったよ」と同調する声や、「翻訳者が作品を自分の色に染めようとしてわざと誤訳した可能性もある」とスミス氏を疑うコメントまで寄せられている。

また、「ということは、英訳版で審査されたブッカー賞もでたらめってことか」「韓江さんは自分の本の英訳版を読んでないってこと?」「韓国は英語教育にものすごいお金をつぎ込んでいるのに、まともな翻訳家がいないんだね」といったコメントもあった。(翻訳・編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 絶対平***** | (2017/08/02 23:00)

    そしてその姉妹や夫婦が間もなく日本へ強制連行され、姉妹は慰安婦として、夫たちは炭鉱夫として働かされ、何度も命の危険に晒されながら官憲の目を盗んで命からがら脱出するまでを描いたストーリー。暗闇でLEDローソクを灯すシーンが泣けるのと、最後にポリプロピレン製の旭日旗を破るシーンが圧巻・・・・とかいうどっかで聞いたような話にコレもなってるんじゃないの?読む気しないけどw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2017/08/02 22:53)

    ハングルが欠陥だらけだってことが世界に知られるようになったことが判る良い記事です。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2017/08/02 21:46)

    アホか・・・そもそもおでん文字は、表音文字。しかも、同じ表記で異なる意味が多くあり、韓国人ですら解釈を間違える代物。つい最近も、おでん文字の不便さについて、韓国内でニュースになったばかり。日本は、ひらがな、かたかな、ローマ字の表音文字に加え、表意文字であり、音読み、訓読みを使い分ける漢字を駆使する民族。ケースバイケースで表記方法を使い分けるのである。ご存知の通り、日韓併合時代に、韓国人の識字率の低さに驚いた日本は、一般庶民に対しおでん文字を普及させたのである。日本は、江戸時代から寺子屋制があり、一般庶民が読み書きを学ぶことが出来た。日本は、幸いにも身分制度はあったものの、一般庶民をいわゆる「奴隷扱い」するようなことはなかったのである。韓国の両班文化とは全く違うのである。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する