コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国人より日本人の方が気にする、中国のあるもの―中国メディア

配信日時:2017年8月3日(木) 10時10分
中国人より日本人の方が気にする、中国のあるもの―中国メディア
画像ID  573465
1日、新華網は「この件について、日本人はどうして中国人より気にかけるのか」として、日本人の三国志好きについて解説するコラム記事を掲載した。資料写真。
2017年8月1日、新華網は「この件について、日本人はどうして中国人より気にかけるのか」と題するコラム記事を掲載した。

記事は、先日中国で放送されて人気を博した司馬懿の視点から描く初の三国志関連ドラマが日本でも一部ネットユーザーの間で注目されたと紹介。「実は日本人の三国志に対する興味は中国人に引けを取らないどころか、それを上回る勢いなのである」と評した。

そして、神戸市長田区の商業エリアには三国志の登場人物の像や三国志をテーマにした施設があり、定期的に「三国志祭」が開催されること、日本国内には数多の「三国志サークル」が存在し愛好者の知識は中国人として冷汗が出るほとであること、「三国志検定試験」まで存在し毎回多くの市民が受験料を払って参加することを伝えた。

また、「三国志は日本の漫画やゲームにも大きな影響を与えた」とし、その代表として横山光輝氏の漫画「三国志」を挙げ、「コンピューターゲームの世界では三国志をテーマにした作品があふれている」と紹介した。

さらに、高度経済成長期には多くの学者や経営者が三国志から人材起用や経営管理を学ぶ風潮が生まれ、パナソニックの創業者である松下幸之助氏もかつて「三国志の人物の知恵は、自分にとって一番の師である」と語ったと紹介している。

日本人が三国志を熱愛する文化的な原因について、記事はストーリーの随所に出てくる「忠君」を挙げた。また、戦乱の時代を武力で勝ち抜く「尚武の精神」も、日本の武士道にマッチするものであると解説している。(翻訳・編集/川尻)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2017/08/05 18:06)

    >>「コンピューターゲームの世界では三国志をテーマにした作品があふれている」 まあ、この辺は光栄の功績だろうなあ。戦国シミュレーションもそうだけど。 嘘つき軍師に何度騙されたことか・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2017/08/03 12:35)

    横山光輝が三国志を描いたから人気があるのではないかと思うのだけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ste***** | (2017/08/03 12:24)

    己を慕ってついてくる民を見捨てることなく牛歩の逃避行を続けた挙句、50万の曹操軍に追いつかれ苦戦を強いられる。趙雲の捨て身の働きと長坂橋に踏みとどまった張飛のハッタリで危うく難を逃れた劉備・・・ 占領軍によって「棚ぼた大統領」に祭り上げられたが金日成率いる共産軍による突然の侵攻にただただ慌てふためいて逃げまくり、首都陥落を眼前に見ると逃げ惑う自国民が大挙して渡っている橋を人間もろとも爆破して落とし、100万人とも言われる同胞が北軍に虐殺されるのを尻目に釜山まで逃げ落ちていったどこぞの国の李承晩・・・ どちらが日本人に人気があると思うだろうか? 不思議でならないのは、この李承晩を非難することもなく彼の画策した「どさくさ紛れの国境策定」に一片の疑問を呈することもなく「古来より我が国の領土」と嘯く連中の精神構造である。 歴史認識にまで「ご都合主義」が罷り通るのだから恐れ入る。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事