1000年受け継がれて来た伝統工芸「焼き絵」―中国

配信日時:2017年7月31日(月) 22時10分
1000年受け継がれて来た伝統工芸「焼き絵」―中国
画像ID  572733
河北省石家庄市の焼き絵職人である■友友さん(64歳、■は赤へんにおおざと)はこの仕事を続けて41年になる。
河北省石家庄市の焼き絵職人である■友友さん(64歳、■は赤へんにおおざと)はこの仕事を続けて41年になる。新華網が伝えた。

焼き絵とは、古くは「火針刺繍」と呼ばれ1000年以上前から伝えられてきた伝統工芸だ。火を「墨」代わりに、伝熱性のある銅などの金属を「筆」に、ムクゲの木版に描く。加熱した金属の「筆」を使い、ムクゲの木版に様々な程度の焼き目をつけていくことで、繊細で表情豊かな絵画を描き出す。 (提供/人民網日本語版・編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事