上海在住のドイツ人、中国のキャッシュレス生活を実感=「スマホ1台で何でもできる」

配信日時:2017年7月24日(月) 18時0分
ドイツ人が中国のキャッシュレス生活を実感「スマホで何でもできる」
画像ID  572212
ドイツ出身のトーマスさん(29)は、10年前に交換留学生として上海にやって来た。その後、縁あって上海の女性と結婚し、中国で「外国人婿」となった。
ドイツ出身のトーマスさん(29)は、10年前に交換留学生として上海にやって来た。その後、縁あって上海の女性と結婚し、中国で「外国人婿」となった。

彼は、今では中国語を自由に操ることができるうえ、上海語も流暢に話し、周りの人たちから「阿福」と呼ばれている。「阿福」さんは、上海で6月22日、現金を一切持たずに生活・外出するというキャッシュレス生活を体験した。

野菜市場で買い物をする、観光地を見物する、シェア自転車を借りる、などのことが、モバイル決済でスムーズに行うことができた。「私は上海が大好きだ。ここでは、スマホ1台持って外出すれば、何でもできる」と彼は話した。

上海という常住人口2400万人の大都市は、モバイル決済によって秘かな変貌を遂げつつある。アリペイ(支付宝)の統計データによると、現時点で、上海における電気料金の支払いは、6割がオンライン決済で行われている。上海では、タクシーの98%がモバイル決済に対応している。さらに、アリペイによって交通ICカードのチャージ、街頭の小さな店、移動屋台などの多くで、アリペイが利用可能となっている。(提供/人民網日本語版・編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事