コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国が海外の港湾を“爆買い”、一帯一路沿いに200億ドル―英紙

配信日時:2017年7月19日(水) 5時10分
中国が海外の港湾を“爆買い”、一帯一路沿いに200億ドル
画像ID  571440
16日、英紙フィナンシャルタイムズは記事「中国、2016年は200億ドルを費やして海外で港湾を買収」を掲載した。今年6月末までに中国企業が買収、または投資を発表した海外の港湾は9個所。その価値は200億ドル(約2兆2500億円)に達している。資料写真。
2017年7月16日、英紙フィナンシャルタイムズは記事「中国、2016年は200億ドルを費やして海外で港湾を買収」を掲載した。

英Grisons Peak社の調査によると、今年6月末までに中国企業が買収、または投資を発表した海外の港湾は9個所。その価値は200億ドル(約2兆2500億円)に達している。さらにこれ以外の港湾でも投資についての交渉が進められている見通しだ。

習近平(シー・ジンピン)国家主席が提唱する、ユーラシアを東西に貫く経済圏「一帯一路」には海洋ルートが存在する。中国からインド洋を経由し、地中海に到る道だ。中国企業の投資先はこの一帯一路上に存在する。また北氷洋を経由して欧州へ向かう航路の開拓も検討されているが、中国はすでにロシアの港湾開発、西シベリアの鉄道開発について合意している。

これらの巨大プロジェクトは単なる経済的利益だけではなく、中国の政治的野心に裏打ちされたものではないかとの疑念を招いている。米戦略国際問題研究所(CSIS)のジョナサン・コールマン氏はそうした疑念が存在することを認めつつも、「しかし大きな戦略だけではなく、低レベルの政治的ニーズが存在することも事実。中国の利益集団、そしてパートナー国家は一帯一路の新プロジェクトへの傘下を渇望しているのだから」とコメントした。(翻訳・編集/増田聡太郎
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する