コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

米国の対北朝鮮軍事攻撃は困難、報復攻撃で在韓米国人6万人犠牲も=ミサイル防衛計画推進で日韓に負担要求検討―米国防関係者

配信日時:2017年7月18日(火) 5時10分
米の対北朝鮮軍事攻撃は困難、対北防衛計画で米が日韓に負担要求も
画像ID  571429
米国防省は米国の攻撃に対する北朝鮮の報復によって韓国市民多数が殺傷されるだけでなく、ソウル周辺に在住する米国人約3万人と駐在米軍約2万9000人の多くが犠牲になると予測。北朝鮮に対する軍事攻撃は困難と判断している。資料写真。
2017年7月17日、米国防関係者によると、米国防省は米国の攻撃に対する北朝鮮の報復によって韓国市民多数が殺傷されるだけでなく、ソウル周辺に在住する米国人約3万人と駐在米軍約2万9000人の多くが犠牲になると予測。北朝鮮に対する軍事攻撃は困難と判断している。ミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮について米国世論は「死活的かつ緊急的脅威と見ていない」という。米国は対北朝鮮ミサイル防衛計画を推進。国防予算を増やすと同時に、同盟国の日本、韓国に負担を求めることも検討していると指摘した。同関係者の見解は次の通り。

北朝鮮のICBM(大陸間弾道弾)はトランプ大統領が掲げる2つの基本方針に微妙な影響を与えている。

トランプ米政権は米国ファースト(第一)主義から見ると、米国の伝統的な「世界のリーダー」としての使命より国内の利益を優先する。一方で、国家安全保障上の懸念に対しては「強い国家」であることを示す。

米国の世論は、今なお北朝鮮を死活的かつ緊急的脅威と見ていない。化学兵器使用によって多数の一般市民が死傷したことを受けたシリア爆撃時(4月)のような、人道的な事態が発生しているわけでもない。多くの米国市民の安全保障上の懸念は、主として、過激派テロや宗教的な過激集団に向けられている。

このため、米政権による北朝鮮に対する軍事攻撃は困難な情勢となっている。米国防省は、米国の攻撃に対する北朝鮮の報復によって韓国市民多数が殺傷されるだけでなく、ソウル周辺に在住する米国人約3万人と駐在米軍約2万9000人の多くが犠牲になると予測していることも影響している。

北朝鮮のミサイル計画は着実に進展しているが、核兵器を弾頭に搭載するには、なお時間がかかるとみられ、米国にとって直ちに脅威となるわけではない。

トランプ政権は対北朝鮮関係の緩和に中国の貢献の度合いに応じて、対中貿易関係を手加減することになる。このままでは今後米中関係の緊張が高まることになろう。

米国は対北朝鮮ミサイル防衛計画を推進。そのための国防予算を増やすと同時に、これを同盟国の日本、韓国に負担させることも検討している。(八牧浩行)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mim***** | (2017/07/23 16:21)

    現時点対話路線自体は無意味だが対話を通じて離反を呼び掛ける事は出来るかも知れない。北の現状が一枚岩でないなら造反・離反工作は有効な可能性がある。北の官僚・軍人・民衆に堂々と公然に民主化と民主化開放後の処遇を呼び掛けてはどうか。いずれ武力が難しいなら調略しかない。うまくすればデブを裸に出来るかも知れない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2017/07/18 21:10)

    考えられるアメリカの対応策は、核兵器を搭載したイージス艦数隻を朝鮮半島に配備するだけでいい。北朝鮮が次にICBMか核兵器の実験をしたら、容赦なく攻撃すると脅かすのだ。まだアメリカ本土を狙うだけの戦力のない北朝鮮は沈黙するしかない。金正恩がいかにやばい人物でも、韓国にミサイルを撃ち込んだりしないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • dm2***** | (2017/07/18 08:58)

    今のトランプ政権にとって、米国人と米国企業に影響がなければ外征は良いカンフル剤。只リスクがある以上動けないのが実情だろう。終わりのない泥仕合はまだまだ続きそう。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事