コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国の地方政府が中国に「空気」の販売を計画、中国人は相手にせず―中国メディア

配信日時:2017年7月14日(金) 8時10分
韓国の地方政府が中国に「空気」の販売を計画、中国人は相手にせず
画像ID  570864
12日、新華社通信は韓国が中国向けに空気の販売を計画していると伝え、ネットから数千件のコメントが寄せられるなど注目を集めている。写真は慶尚南道。
2017年7月12日、新華社通信は韓国が中国向けに空気の販売を計画していると伝え、ネットから数千件のコメントが寄せられるなど注目を集めている。

報道によると、韓国の慶尚南道河東郡の現地政府はこのほど、同郡の智異山の澄んだ空気を缶に詰め大気汚染に悩まされている中国やインドに輸出する考えを発表した。

商品名は「Jiri Air」で、河東郡政府とカナダの企業が共同開発したものという。責任者は商品について、「智異山の標高7〜800メートルにある森林の空気を採取しており、容量は1缶8リットル。吸入は一回に1秒で、160回分使用できる。使用期間は3年。現在製造している商品は木の香りがメーンだが、今後は緑茶や草花の香りも追加する。価格は1缶当たり1万5000ウォン(約1500円)。1日の生産量は1000〜2000缶を予定しており、7月中旬から韓国のドラッグストア4000店余りで販売を開始し、国内の反応を見たうえで中国やインド、中東に輸出する」と説明している。

智異山は韓国の有名な観光地で、昨年9月に河東郡政府が関連機関に鑑定を依頼し、智異山の空気が澄んでいることが証明された。韓国では近年大気汚染が深刻化し河東郡政府は空気の販売に商機があるとみている。河東郡政府は空気の販売を通して世界に同郡を知ってもらいたいとしている。

同ニュースに関して中国ネットでは「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で中国の庶民は韓国をボイコットしている。他の国で勝手にやってくれ」「韓国製は信用できない」「金に目がくらんだのか?中国で大気汚染がひどいのは一部の大都市で、地方都市や農村は依然として空気が澄んでいる」「そもそも中国が輸入を許可するのか?」と否定的な意見や取り合おうとしない声が大多数を占めた。(翻訳・編集/内山)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事