コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本と欧米に「中国はルールを守れ」と説教する資格はない―米専門家

配信日時:2017年7月8日(土) 10時30分
日本と欧米に「中国はルールを守れ」と説教する資格なし―米専門家
画像ID  570115
6日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、「戦争や略奪によって大国化した欧米や日本の先進国は、平和的に大国化を進める中国への説教をやめよ」とするJean−Pierre Lehmann氏のコラムを掲載した。。資料写真。
2017年7月6日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、「戦争や略奪によって大国化した欧米や日本の先進国は、平和的に大国化を進める中国への説教をやめよ」とする米専門家Jean−Pierre Lehmann氏のコラムを掲載した。

コラムは「7月1日は香港返還20周年、7日は日中戦争勃発80周年だ。日本の政府や閣僚の姿勢を見ると、この国が反省をして謝罪する期待はあまり大きくない。ただ、1937年7月7日の教訓は日本だけに限った話ではない。G7諸国中、カナダ以外は戦争、略奪、帝国主義による拡張、搾取、奴隷制度によって世界の大国となったのだ」とした。

そして「欧米列強や日本がしばしば中国に対してルールの順守を求めるが、どうして自分たちが大国化する過程でルールを守らず、ルールを鼻で笑ってきたかについては説明しない。19世紀から20世紀の多くの時間において、いわゆる大国たちは世界を略奪してきたのだ」と論じている。

コラムは、現在進んでいる中国の大国化は、歴史上例を見ない平和的な台頭だと主張。「日本と西洋の大国は中国に説教するのではなく、真摯(しんし)に反省したうえで中国と真の対話を行うよう強く提起する。より建設的なやり方は、自らのかつての行為を認め、謝罪することだ。それが、中国が台頭するなかでポジティブな貢献を果たし、永遠の平和を望める唯一の道なのである」と指摘した。(翻訳・編集/川尻)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2017/07/08 14:42)

    >欧米列強や日本がしばしば中国に対してルールの順守を求めるが、どうして自分たちが大国化する過程でルールを守らず、ルールを鼻で笑ってきたかについては説明しない まるでサッカーの試合で、審判にレッドカードを出されても無視しているようなもの。中国は大国には『ルールを無視できる権利』があると勘違いしている。大国ほど世界のルールに縛られるため、アメリカはリーダーの地位から降りたがるのだ。それを理解できない中国に、アメリカの代わりはとても務まらない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2017/07/08 13:05)

    欧米より酷いダブルスタンダード チャイナとチョウセン
    このコメントは非表示に設定されています。
  • dm2***** | (2017/07/08 11:37)

    過去への教訓があるからルールが出来るんじゃないの!? 過去にさかのぼって屁理屈を言えば、対立は永遠になくならないだろ! 要は意識、素養の問題!秩序順守の意識も素養もなければ、何を対話するの???
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する