中国のAI融資、昨年は26億ドルで世界2位―中国紙

配信日時:2017年7月8日(土) 7時10分
画像ID 
過去1年間に、中国の人工知能(AI)分野への融資規模は約26億ドル(約2940億円)に達した。これは米国の7分の1にあたり、イスラエルとインドを大きく上回る金額で、中国は世界2位のAI分野における資金導入国になった。ベンチャーサービスプラットフォームの36krがこのほど開催された2017年ビジネス新生態サミットで明らかにしたとして、北京日報が伝えた。

昨年の世界のAI企業ランキングの上位3カ国には米国、中国、英国が並びは、米国が2905社、中国が709社、英国が366社だった。中国AI分野への投資意欲が上昇を続け、2016年第4四半期(10〜12月)には173件の投資が行われ、過去5年間で投資が最も活発な四半期になった。

注視されるのは、融資を獲得したAI企業のうち、プレシリーズAラウンドの融資が81.4%に上り、5%近い企業が合併買収される見込みだったことだ。36krの関連部門責任者は、「ここからAI産業が今なおスタート段階にあることがわかる。ほとんどの企業はまだ可能な応用分野や商業化のシーンを模索する段階にある」と分析する。

AIにより多くの分野で大きな想像の世界がふくらんでいる。世界的に有名な総合コンサルティング会社アクセンチュアはこのほど発表した最新の研究報告の中で、「AIは今後中国経済の年間成長率を大きく引き上げることになるだろう」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事