<コラム>日本でマナー違反の中国人観光客、見ていた中国人夫が信じられない行動に

配信日時:2017年6月30日(金) 21時40分
日本でマナー違反の中国人観光客、中国人夫が信じられない行動に
画像ID  568814
あなたは「中国人はものをはっきり言う」というイメージを持っているだろうか?そしてそのイメージは正しいだろうか?答えはイエスであり、ノーである。写真は銀座。
あなたは「中国人はものをはっきり言う」というイメージを持っているだろうか?そしてそのイメージは正しいだろうか?答えはイエスであり、ノーである。今回は中国人のものの言い方について書いていきたいと思う。

以前こんなことがあった。私と中国人夫はとある飲食店で食事をしていた。その店は外国人向けガイドブックに載っている店らしく、英語や中国語、韓国語のメニューまで用意されていた。私たちが訪れた時は中国人観光客がたくさんいて、彼らの中の何人かはあまりマナーが良いとは言えなかった。

具体的には、店が混んでいるのに食べ終わってもいつまでも居座っていて、他の客がいるのに遠慮せず周囲の写真を撮りまくったりしていた。私たちもその写真に写ってしまっているのは確実で、私もあまり良い気はしなかった。

すると夫がすっと立ち上がって写真を撮っていた中国人観光客の方へ行き、中国語で「写真、撮らないでくれる?」と言ったのである!日本人の私としては信じられない気持ちでいっぱいだったが、夫は正々堂々本人たちの前ではっきり不快感を表した。「けんかになるのではないか…」とハラハラしていたが、夫に注意された中国人たちは「うん、分かった」とあっさり写真撮影を止めたのだ。

席に戻った夫は「ああいう人たちがいるから中国人旅行者はマナーが悪いって言われるんだ」とブツブツ言っていたが、まさか本人たちに直接言うとはビックリであった。しかも言われた方もあっさりと止めていた。

日本人はどんな事に対しても「これをしたら周りの人に迷惑がられるんじゃないか…」と推し量って、そもそも迷惑な行為をしないようにする。中国人は推し量らない訳ではないが、日本人ほどはそうしないため、その行為に対して嫌な人がいれば「嫌だ」と意思表示するだろうし、気にしないなら何も言ってこないだろう、という理屈なのだ。

一方でこんな話もある。中国では圧倒的に日本よりけんかをしている人が多いが、最近上海などの都会の電車の中で誰かがけんかをしていても、みんな知らん顔をしているらしい。車内でのけんかはうるさいし危ないし迷惑だけれど、みんな心の中で「早く終わらないかな…」と祈っているだけで何も言わないらしいのだ。

この場合はけんかに巻き込まれたら自分の身が危ないからであろうか。中国人が思ったことを何でも口にするかというと、そうでもないのである。逆に言うと中国人はまったく他人を信用していないので、自分を守ろうとする意識はかなり高い。

今回、初めて中国人のものの言い方について書いた。もちろん中国人と言っても色々なタイプがいるので、今回のことは個人的な体験だと思っていただければ幸いである。

■筆者プロフィール:むらさわりこ
1989年日本生まれ。22歳の時に2歳年上の福建省出身の中国人男性と結婚。英語を独学で習得後、英会話講師として働く傍ら中国のテレビなどを通し中国語も独学で習得。趣味は語学と読書。図書館があまりに好きで毎週通っている。結婚前はベトナム、ニュージーランド、モンゴル、カナダ、ラオス、フランスなど様々な国を一人で渡り歩く。自分のやりたい事や面白い事に国境や言葉の壁は関係ないと考えている。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事