コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

四川省臥竜保護区に再びユキヒョウ現る、撮影記録364回以上―中国

配信日時:2017年6月19日(月) 21時10分
四川省臥竜保護区に再びユキヒョウ現る、撮影記録364回以上
画像ID  567562
四川省臥竜国家級保護区管理局は15日、臥竜ユキヒョウ野外科学調査の最新データ収集結果を一般に公開した。
四川省臥竜国家級保護区管理局は15日、臥竜ユキヒョウ野外科学調査の最新データ収集結果を一般に公開し、同保護区の標高4000メートルから5700メートルの120平方キロメートルエリア内に9頭以上のユキヒョウが生息していることを明らかにした。

7カ月前、臥竜保護区の野外科学調査スタッフはこれまでに把握したユキヒョウの痕跡から、銭梁山エリアに赤外線センサーカメラ27台を設置し、ユキヒョウの希少な野外活動の様子を大量にとらえることに成功した。動画にして13分間、とらえた回数は364回に上り、一番最新の記録は11日前に撮影された。(提供/人民網日本語版・編集/TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事