中国で拘束された日本人12人、どんな活動をしていたのか―中国メディア

配信日時:2017年6月17日(土) 16時50分
中国で拘束された日本人12人、何をしていた?―中国メディア
画像ID  567306
16日、中国網は、中国が「スパイ活動に関わった」として身柄を拘束している日本人12人について「彼らはどんな活動をしていたのか」と題する記事を掲載した。資料写真。
2017年6月16日、中国網は、中国が「スパイ活動に関わった」として身柄を拘束している日本人12人について「彼らはどんな活動をしていたのか」と題する記事を掲載した。

中国当局が「国家の安全を脅かす活動をした」などの疑いで身柄を拘束した日本人は、15年5月以降12人に上っている。日本の外務省はこのほど海外安全情報を更新。中国への渡航者に対し「自衛措置を取る」よう呼び掛けている。

記事は、「日本は最近、海外情報に力を入れるため、政府内に新たな機関を設置。スパイ活動を行うチームを拡充させている」と指摘。中国の専門家は「日本からは当局だけでなく、民間商社の情報担当者も多く世界各地に派遣されている。企業活動を装ったスパイ行為も頻繁に行われている」と指摘する。

現在拘束中の12人のうち、「資源調査」の目的で中国に入国したケースは多い。説明によると、「海南省で温泉開発調査を行っていた」「新疆ウイグル自治区で測量していた」「江西省で考古学調査をしていた」などだ。記事は、新疆では日本人が持っていたスマートフォンに大量の測量・地理データが入っていたケースも確認されていると伝えている。(翻訳・編集/大宮)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Dat***** | (2017/06/18 00:44)

    中国の反スパイ法では「その他のスパイ活動をおこなうこと」という条文がある。これではなんでもスパイ行為になってしまう。なんで日本の左翼は中国を批判しないのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2017/06/17 21:57)

    >新疆では日本人が持っていたスマートフォンに大量の測量・地理データが入っていたケースも確認されていると伝えている 『資源調査』の目的で入国した者が、測量、地理データを持っていたらスパイ罪で逮捕されるのか。それなら入国したときに逮捕しても良かったはずだ。きっと中国の警官から賄賂を要求されて、それを拒否したことが原因だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/06/17 17:55)

    それじゃ、日本も中国人記者やナマポ悪用在日などを検挙して拘束は面倒だし税金の無駄遣いになるから、強制送還&永久追放でフィニッシュ!!ついでに朝鮮人もオマケで付けたるわw 「企業活動を装ったスパイ行為」←尖閣諸島付近に出没する漁船を装った工作船よりはカワイイもんだろw
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事