韓国の親が娘の留学記念に贈る流行のプレゼントは、避妊手術!?=ネットはおおむね肯定的「前もって予防した方がいい」「妊娠して苦労するのは女性」

配信日時:2017年6月17日(土) 23時30分
韓国の親が娘の留学記念に贈る流行のプレゼントは、避妊手術!?
画像ID  567206
14日、韓国・朝鮮日報によると、韓国のソウルなどで、留学する娘に対して避妊手術を勧める母親がここ数年増えているという。写真は韓国の空港。
2017年6月14日、韓国・朝鮮日報によると、韓国のソウルなどで、留学する娘に対して避妊手術を勧める母親がここ数年増えているという。

ソウルの江南(カンナム)に住むある主婦(51)はつい最近、米国に留学する娘に避妊手術を勧めたという。学生時代から不規則な生理周期と激しい生理痛に苦しむ娘を心配してのことで、「継続的にピルを服用するよりはいい」と判断し、腕に避妊薬を挿入するインプラント手術を受けさせたそうだ。

こうした避妊手術は、万が一の望まない妊娠などの事態に備えるためでもあるが、毎月の生理痛を軽減する目的でも使われる。韓国人留学生の間では有名な産婦人科情報を共有し合うほど「避妊」は身近なテーマで、江南地域の産婦人科には、夏休みを利用し帰国した留学生を対象とした「検診プログラム」もあるほどだ。

そうした背景もあり、避妊手術の対象は徐々に低年齢化してきている。生理痛を訴える患者のうち10〜20代の割合が年々増加し、毎月繰り返される生理痛により学業に専念できないことが最大の理由だという。実際、産婦人科専門医には若い女性からの生理痛と関連した避妊手術の問い合わせが増えているというが、避妊手術には不正出血や頭痛、めまい、体重増加などの副作用の可能性も高い。専門医らは「医師と十分に話し合ってから、自身に適した治療法を優先すべき。母親や知人が勧めたからという理由で安易に手術を決定してはならない」と指摘する。

また一方で、子どもの一挙一動に干渉しようとする母親の誤った母性愛の問題点も指摘されている。ある医師は「子どもの痛みを見過ごすことはできないだろうが、過度に助けたり、安易な方法だけを提示しようとする意図が、かえって子どもにとって逆効果を生む可能性がある」とし、「子どもを信じず、子どもの生理現象にまで干渉・統制する、いわゆる『ヘリコプターママ(子どもが大人になっても過保護な母親)』になってはならない」と忠告した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「何が悪いの?子どもとの同意の上で手術するんだし、間違った避妊方法で失敗するより、前もって予防した方がいい」「避妊目的だとしても悪くはないと思う。妊娠したら女性が苦労するんだから」「私も産婦人科の医者に勧められて受けたんですけど?『子どもには逆効果』『ヘリコプターママになってはならない』って?」と、避妊手術の意義を認めるコメントが多く寄せられている。

一方、少数意見として「生理痛が増加してるから痛みをなくす手術?医者はすべき仕事をしていないようだ。なぜ生理痛が増加したのか原因を把握すべき」「こう指摘しておいて、メディアは後で出生率が低いだのという記事を書くんでしょ?」などの声もあった。(翻訳・編集/松村)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事