あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

東京五輪の種目追加で得をするのは中国?中国メディアは「3〜5個の金メダル獲得も」と皮算用

配信日時:2017年6月17日(土) 21時20分
東京五輪の種目追加で得をするのは中国?中国メディアは皮算用
画像ID  567102
中国メディアが2020年東京五輪の種目追加で最も得をするのは中国との見方を伝えている。卓球や水泳、射撃、ボート、フェンシングなどを取り上げ、「3〜5個の金メダル獲得も」と皮算用している。
2017年6月17日、2020年東京五輪の種目追加で最も得をするのは中国―。中国メディアがこんな見方を伝えている。「中国代表が得意とする種目が多く含まれる」として、卓球や水泳、射撃、ボート、フェンシングなどを取り上げ、「3〜5個の金メダル獲得も」と皮算用している。

国際オリンピック委員会(IOC)は9日、本部のあるスイス・ローザンヌで臨時理事会を開き、東京五輪の全実施種目を決定。柔道の混合団体や卓球の混合ダブルス、水泳混合400メートルメドレーリレー、アーチェリー混合団体、陸上混合1600メートルリレー、トライアスロン混合団体リレーなど新たに16種目を採用した。

追加種目について、中国網は「東京五輪の種目調整、最大の受益者は中国か」との記事を掲載。「中国はこれらの新種目の実力を持つため、3〜5個の金メダルを獲得するのも難しくはない」「これにより東京五輪で中国代表が、さらに多くの金メダルを獲得できるようになった」などと報じた。

記事は卓球混合ダブルスについて「丁寧と馬龍のダブルスで、中国の金メダルが1個追加された」とのネットユーザーのコメントを紹介した。混合ダブルスでは5日に閉幕した世界選手権で、吉村真晴・石川佳純組が日本勢として48年ぶりに金メダルを獲得したが、中国選手同士のペアは出場しておらず、自信満々のようだ。

競泳では16年リオデジャネイロ五輪の男子200メートル自由形、12年ロンドン五輪の400メートル自由形と1500メートル自由形で金メダルに輝いた孫楊に注目。新設の800メートル自由形を含め「今や新たな総ナメの目標が生まれた」と、そろばんをはじいている。

射撃に関しては「中国は空気銃種目を得意とする。混合団体エアピストル、混合団体エアライフルの追加により、中国が有利になる」と指摘。「追加されるクレー混合団体トラップも中国にチャンスと希望をもたらす」と意気込んでいる。

さらに「カヌー女子種目とボート女子種目の五輪追加も、中国にとって朗報だ」とも言及。「中国のボート女子種目の全体的な実力は常に世界トップクラスで、追加種目に注力することで新たに金メダルを獲得できる可能性が高い」と計算している。

これらのほかにも「中国はリオ五輪のボクシング女子3種目のすべてでメダルを獲得しており、現在5種目に増えたことでチャンスが拡大した」と期待。「フェンシングは団体が復活した。フェンシング男子フルーレ団体、女子エペ団体は中国の得意種目で、東京五輪での活躍に期待できる」などと望みを託している。(編集/日向)
あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事