日本出張でこれまでの認識が大崩壊、「東京は整然としていない」「どの街にも風俗街」―中国人男性

配信日時:2017年6月20日(火) 8時0分
日本出張でこれまでの認識大崩壊、「東京は整然としていない」
画像ID  567022
13日、鳳凰網は「日本出張で自分の認識を徹底的に覆された」とする中国人男性の体験談を掲載した。写真は東京。
2017年6月13日、鳳凰網は「日本出張で自分の認識を徹底的に覆された」とする中国人男性の体験談を掲載した。

男性は「東京は確かにとてもにぎやかで清潔。ただし整然としているとはいえない。地価がとても高いからビルとビルの間がとても狭くて乱雑な感じだ」「いくつかの地方を訪れたが、ほとんどの街に風俗街があった。表面的には分からない。足を踏み込んでみてやっと気付くのだ」などと述べ、風俗街については「店の外では道を歩く老若男女に呼び込みの声が掛かる。夜になるとコンビニ以外は店じまいをするのに風俗街の店は一晩中オープン。さすが日本の一大産業と呼ばれているだけのことはある。昼間稼いだお金は夜にここで使われるのだ」と説明する。

また、日本人については「確かにまじめでほぼ毎日のように残業をするが効率は悪い」と述べて「堅実な仕事ぶり」という当初のイメージが覆されたとし、出張先の会社で知り合った華人男性に非友好的な扱いを受けたことも紹介。華人男性はこの男性が「日本人のトレーニングのために来日した」と話すと態度を変えたようだ。男性は華人男性が尖閣問題で日本寄りの発言をしたことに対して「自分は激怒したが、きっと日本人に虐げられ、劣等感を感じてきたせいで『日本人の中に加わりたい』という極端な心理状態になったのだろう」と分析している。

男性はさらに「ネット上では日本人がどんなに素晴らしい民族かを紹介するサイトがあるが、日本に行ったことがないネットユーザーはこれに惑わされてしまう」と述べて日本の若者の失業問題や援助交際などにも言及。最後は「日本人の危機感」と題して「日本人は危機に対する意識が高い民族。これは間違いないが、私は日本到着初日にホテルで大きな地震に遭遇した。自分にとっては人生初の体験。フロントに電話をしてみると『安心して下さい。ちょっとした地震です』という英語が返って来た。まったく…慣れてしまってるようだ」と締めくくっている。(翻訳・編集/野谷
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/09/21 20:18)

    風Xの在り方は国によって異なる。西欧の独蘭のように国家に公認されて堂々と営業しているところもあれば、アメリカのように風Xが表向きは存在しない国もある。戦前の日本は西欧型に近かった。実はこれは問題となっている従軍慰安婦問題とも密接に絡む。軍の兵隊には大体若い男が多いためその処理が問題となる。駐留軍のそばで風Xの営業を認める国と軍は一切関与せず兵士の自由に任せる国とがある。前者は西ヨーロッパの軍に多く、後者の代表はアメリカ軍である。前者がそうするのは病気の予防と兵士の駐留軍の近くに住む一般婦女子へのよからぬ行いを少しでも減らすためである。戦時中の日本軍が各地に慰安所を設けたのもその目的である。従って現地一般婦女子へのよからぬ行いは相対的に少なかったはずである。そうしなかった戦時中のアメリカ軍やソ連軍はまさに危惧された問題を引き起こしている。MLロバーツ「兵士とXXXX」明石書店、参照
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Bam***** | (2017/06/20 17:50)

    これをレポートした人は、「日本は紳士と淑女」だけで国が成り立っていると思っているのですか??? それとも、中国は、「紳士と淑女」だけしかいない国ですかね??? 何しろ、人民に奉仕する共産党が統治している国ですから・・・・。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ねいむ***** | (2017/06/20 16:24)

    きっと鶯谷にでも迷い込んだんじゃないでしょうか。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事